上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
イタリアでは路上駐車が当たり前

日本では路上駐車してるとすぐに罰金取られたりしますよね?
イタリアでは至る所で路上駐車されていて、よほど駐車禁止の看板が出ていなければ、路上駐車も平気

ミラノでは、大きな通りの脇にずらーーーーっと路上駐車された車があり、その車の横、歩道にも路上駐車がされてあり、2列になって路上駐車されてある、という光景を目にした事もあるくらい

もちろん歩道の上には駐車出来ないので、罰金を取られますが

それにしてもすごい私は歩道が塞がっているので、車の通りがかなり多い、大きな通りにはみ出て歩かないといけない状況だった

道路交通法はもちろんイタリアにもあるが、あまり守られていないのが現状かもしれない。

北イタリアでもそんな感じなのに、南はもっとすごい!と噂されている。

南イタリアに行く前は「まさかー」と思っていたが・・・。

本当にすごかった

道路交通法なんて存在しないのでは?と思うくらい
「優先道路」なんて意味を成さない。信号無視もお構いなし。横断歩道を渡っていても、10メートル先からクラクションをめいいっぱい鳴らされる&怒鳴られる右側通行なのか、左側通行なのか、もうわけが分からないくらい、細い道路に3台も4台も車が入り乱れていて、「まーこれでよくかすりもせずに通れるなー」と逆に感心してしまうくらい

結局私達の車の一台は事故してしまったのですが・・幸い、ぶつかった相手が親切な人だったので無事、温和に事が運びましたが、ひやひやしました。

ところで、こんなに路上駐車が多いイタリア。
じゃあ市の駐車場はないのか??というと・・・。
これも道路の端に存在している

白枠と青枠で囲まれたものがあり、青枠が
市の有料駐車場だ。白枠は無料だが、時間制限を
設けている場合が多く、制限をすぎると
違法駐車となり、罰金、レッカーの対象になる。

さて、市の有料駐車場だが、道脇に存在するわけで、
どうやってお金を払うんだろう?という疑問が生まれる。

その方法の一つがこれ

biglietto parcheggio


これはアルベロベッロ市の駐車料金支払いの紙。
これはタバッキ(タバコ屋さん)で購入する事が出来る。
アルベロベッロ市では、1時間、50セント(70円ほど)だ。

駐車開始時刻を、コインで削って示す。
上から、年、月、日、時間、分となっている。

これを車のボンネットに置いておくのだ。

または市によっては、機械が道路脇に所々に置いてあり、
コインを入れると、レシートのような紙が出てくるので、
それをボンネットに置くという所もある。

それにしても、市の駐車場も、道路の両端に存在していて、
路上駐車も頻繁に行われているイタリア。

これじゃあ渋滞の原因にもなるし、進路妨害の原因にもあるし、事故が起こりやすくなるんじゃないか、と個人的に思うのだが・・・。

市や県でさえ、路上を駐車場にしてしまっているんだから、何かそれなりの理由がある・・・のかもしれない
スポンサーサイト
2006.08.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。