上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ベルギー帰りの夫がブリュッセルで撮った写真を、
うれしそうに見せてくれました

イタリアは今週、強風や雨、北の方では雪と、大荒れの天気が続いたのですが、北ヨーロッパの天気は良好だったらしく、
ブリュッセルも気温は25度前後まで上がっていたとか
ヴェローナでは夜中に外温計が2度を示す程の寒さだったというのに・・・

ベルギーは、イタリアやスペインなど、世界遺産の宝庫と言われるEU諸外国に比べ、観光客にはそこまで人気がない国かもしれませんが、天気がよければ、景色もよく、なかなか素晴らしい町なのだそうです

ベルギー ミニサグラダ・ファミリア


この教会、造りが、かの有名な「サグラダ・ファミリア」にちょっと似ているので、ベルギーでも有名なんだとか

ベルギー2ベルギー3 町の中心


この写真を見た時、ちょっぴり「んヴェネツィアの雰囲気と似てるかも」と思いました

ベルギー4 おいしそう・・・


ベルギーと言えば、やはり、チョコレートやワッフルなど、お菓子類が世界的にも有名ですよね
このケーキもすごくおいしかったのだそう

1週間、大人しく旦那の帰りを待っていたもっちにも、ご褒美としてお土産を持って帰ってきてくれた旦那様

ベルギー5 こ・・・これはもしや・・・


見てみると、なんとGODIVAのチョコレート
なんだか包みも高級感漂っております・・・

「太っ腹~すご~~~~い
と感動もつかの間、
「これ、これ、に、20ユーロもしたんだよ500gで20ユーロだって高いよねーあ、ちなみに、これ、もっちとマンマへのプレゼントだから、半分ずつね

・・・あ、なるほどね。やっぱり、もっちの旦那ですものもっちだけのために20ユーロも出さないよな

でもちゃんとマンマの事も考えて、プレゼントを買ってくるあたりが、さすが「マンマの国、イタリア」でしょうかいい事ですよね
(というか出張前にさんざん「チョコレート、チョコレート」とせがまれていたからかもしれないが・・

チョコ一つで興奮気味のもっちでしたが、ここで、お義父さん登場
チョコレートを見ると、道に落ちている物でも食べてしまいそうな程のチョコレート好き
隠しておかないと、家にある物は勝手に食べられてしまいます
(実際、お義母さんは細心の注意を払って、いつも隠し場所を探しております・・

「おおこのメーカー、知ってるぞチョコレートだろうおいしいよなよし、明日、開けよう
と決定し、そそくさと去っていってしまった

・・・ま、いっか
それまでこの高級感漂う包みを眺めて幸せな気分を味わうとしよう
スポンサーサイト
2007.03.31 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。