上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
これが以前話したTachipirina(タキピリーナ)という解熱剤。
処方箋なしに買える解熱剤。

Tachipirina


身体に優しいわりに、すぐに効く、優れもの

なので、妊婦さんも、赤ちゃんも、授乳中のお母さんでも飲めちゃうんですね

日本にはいっぱいいろんなシロップや、薬が出ていて、
どれを買えばいいのか迷っちゃうくらいですよね。
薬局じゃなくても、ドラッグストアでもいろんな風邪薬なんかが買えちゃいますし。

ここイタリアではそんなわけにはいきません。
基本的に、ほとんどの薬が医師の処方箋が必要になります。
なくても買える物も結構あるのですが、自分の目で見て、
「どれがいいのかしら?これとこれ、どっちがいいかな
なーんて考える事は出来ません

なぜなら・・・店頭には並んでいないから。
カウンターの奥に、ずらーーっとある、棚の中にしまわれているのです。
私にしてみれば、棚、というより、大きな引き出しが山のようにある、
大きな大きなタンス、という感じ。
このタンスはカウンターの真後ろに設置されてある事が多いので、
拝む事は可能ですが、薬にはお目にかかれません。
という事は、一体いくらなのかも想像がつきません

これが私にとって、薬局の怖いところ
ホームドクターの所で、処方箋をもらって、薬局に行くと、
びっくりするような値段を言われる事が多いので、いつも
「これくらいかな?」と思う値段の倍以上はお財布に入れておかなければなりません。

ホームドクターに「いくらぐらいでしょうか」と聞いても、
「どうかなぁ?どうだったかなぁ?」という生返事。
薬剤師じゃないからそんな事知ったこっちゃない、といわんばかり。

ジェネリック薬品は、イタリアでも存在しますし、
最近はちょっとずつ広まりつつあるらしいのですが、
それでもまだまだ、実際は知られていません

薬局の店頭に並んでいるものといえば、大抵の薬局は、
赤ちゃんの紙おむつや、哺乳瓶、離乳食など、スーパーなどでも買える物。
それに、化粧品や、様々なクリームなど、これもスーパーなどで買える

他でも買える物は店頭に出して宣伝しとかないとね、って感じでしょうかね

スポンサーサイト
2008.02.26 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。