上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は、ナターレ。イタリア語でクリスマス、の意の今日、
イタリアでは、自宅やレストランなどで、盛大な昼食会を繰り広げるのが
ここでのお決まりの習慣なようで、うちも例に漏れず、その仲間入り。

うちの場合はレストランには行かず、毎年
旦那の母方の祖父母の家で、
旦那の両親家族、叔母家族と、うちと、もちろん祖父母家族、
計4家族で昼食を食べます。
計12人です。

毎年、旦那の母親と祖母と叔母が分担して料理を作りますが、
今年は旦那の母親が数日前に事故で入院、手術と
とてもじゃないけど、料理どころの話ではなかったので、
旦那の叔母と祖母が二人で12人分を作ってくれました。
私も手伝いに行く予定が、「やっぱり来なくていい。十分間に合うから」
と言われたので、当日(今日)、早めに行って、テーブルの準備やらセッティングやらを
手伝いました。

私はもうずいぶん、ナターレを祝う習慣にも慣れてきましたが、
元々うちは仏教徒で、父方の実家はお寺という事もあり、
心底キリストの誕生を祝いましょう!という
感じにはどうしてもなれないので、
気分的には、「お休みの日で、親族集まっておいしい物を食べれて幸せだな~」
という気分で過ごさせてもらっています。
私にとって、家族の温かさを感じる日です。

今年のクリスマス、例年と違ってした事といえば、
「映画館」!!!

旦那の従妹(16歳)とそのパパ(旦那の義理の叔父)は、
毎年クリスマスに映画館に行くのが習慣、というか、「約束」らしく、
二人で毎年映画を見に行きます。

たまたま今日、義叔父の横に座って昼食を食べていた時、
映画の話になり、私が、
「映画館にはもう5・6年行っていない」と言うと、皆がびっくり仰天。

パーティーが終わって後片付けをしている時に、叔父が、私にそっと
「一緒に来る?」と聞いてくれたので、旦那に許可をもらい、一緒に行く事に成功しました♪

映画館、けっこう高いんですよね・・・。
今日行った映画館は8ユーロ+予約代1ユーロで計9ユーロ。
うちには贅沢すぎるんです。

旦那はいつも、DVDが出てから家で見ろ!と言うので、
イタリアに来てから映画館で見た最後の映画といえば、
「ロード・オブ・ザ・リング」です。これは旦那の一番好きな映画なので、映画館で
見る事に成功しましたが・・・。

今日見た映画は公開初日だった「シャーロック・ホームズ」!!!(全米でも今日が初日)
見たかったんですよね~・・・これ。予告をTVでやってて、
「わー見たいなー。早くDVD出ないかな~?」と映画館に行くなんて
夢にも思ってなかったので思わぬクリスマスプレゼント!!
(旦那から何ももらってないし、これがプレゼントだと思う事にして・・・)

日本での公開は2010年3月12日だそうで・・・。
遅い・・・・。遅すぎない??3ヶ月も後って・・・そんなに訳すのに時間がかかるんだろうか?
イタリアなんて字幕じゃなくて、ほとんどの映画が吹き替えで、もっと時間がかかる気
するんだけど・・・。
どういう理由からこんなに遅い公開なんだろうか・・・?ちょっと気になる。

まぁ、とにかく見たかった映画だったので、喜び勇んで見に行きました。

うん。想像通りって感じかな?テンポが速いし、ストーリー展開もうまく作られてて、
初めから最後まで飽きずに見れる映画でした。
続編が出るような終わり方だったので、来年、再来年にパート2が出るかな?

ただ・・・・。逆にテンポが速すぎて、言語が追いついていかない!!!
映画館に足を運ばなかった理由は、子供がいる事、お金がない事に加えて、
分からない言葉が出てきた時に「一時停止」が出来ない事だった!!!しまった!
6年ぶりの映画館、という事実に興奮して忘れてた!
私、イタリア人じゃなかったんだ!!!

推理が絡むストーリーで、難しい言語が出てきて、
ストーリー自体は全部理解できたけど、細々したところの言語が
追いつかなくて、なんというか・・・消化不良??

でも・・・今回は「ジュード・ロウ」に魅了されました・・・・
正直、昔から彼の演技も容姿も全く私の好みではなかったのですが、
今回の彼は素敵だった・・・!!なぜか超タイプの男性に見えたのはなぜ???

予告を見た時から「わー!誰これ??かっこいー」と思ったのですが、
「ジュード・ロウ」と書かれた予告を見てびっくり!!冗談でしょう?と思ったくらい。
かなりワトソン役にはまってた気がします。

ロバート・ダウニーJr.がホームズ役で、こちらもはまってました。
演技がうまい!!!感嘆の一言。

あ、この映画、歌手のマドンナの元旦那、
ガイ・リッチ-の映画です。撮り方が初めの方はいまいち??と感じましたが。


今回、これに味をしめた私。
映画館の予告で、大・大・大ファンの「クリント・イーストウッド」の最新作が
イタリアで2月に公開!というのを目にしました。
モ-ガン・フリーマン主演で、マッド・デイモンまで出演という豪華さ!!
モ-ガン・フリーマンも大好きなので、これも見たい・・・・。

でも映画館で見たいけど、彼の映画は完璧に意味を理解したい映画だから、
映画館は諦めて、DVD化まで待つ事にしようかな。

ずいぶんイタリア語はしゃべれるし、理解できるようになってるとは思うけど、
こういう所でまだまだ100%楽しめる域には達してないなーと改めて自覚。

日々精進ですね。
スポンサーサイト
2009.12.25 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。