上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
お久しぶりです。皆様お元気でしょうか?
もう新年も明けてずいぶんと経ちましたが、
今日が今年初めての記事ですね。

今年は始まりから終わりまで、たぶんすごく忙しい一年に
なりそうな予感です。

まず新年は、去年暮れの義母の事故、入院、退院から始まりましたので、
何かとばたばたしておりましたが、不幸な事ばかりではなく、
1月は私の大親友の結婚式が日本でありました。
経済的理由から、出席は叶わず、本当に悲しかったのですが、
イタリアから人生初の電報を打ち、お祝いさせてもらいました。
その後、私達夫婦の友人内で、初めて、うちの子以外の、
新しい命が産まれ、6月にはまた別の友人にも子供が産まれる予定。
おめでた続きで華やかな一年になりそうです。

9月にはうちの息子は(やっと)幼稚園に通い始める予定ですし、
私も今から少し、近所の子供にピアノを教え始めたり、
日本語レッスンの生徒を増やしたりしています。
9月からは徐々に仕事をしていければ、と思っています。

最近ではフィレンツェ、ヴェネツィアのガイドのお仕事にも行かせてもらいました。
とても素晴らしいご夫婦のガイドが出来た事を本当に光栄に思っています。

フィレンツェは私の大好きな町の一つ。
行くたびに好きになります。
ヴェローナ在住で、フィレンツェまで行ってガイドがさせてもらえるなんて、
私にとってはもう仕事という枠を超えて、幸福、というか、
本当に貴重な時間を過ごさせて頂きました。

イタリア生活をしていると、いろんな不便さ、不合理さ、などなど、
例を挙げればキリがないくらい、たくさんの愚痴が出てきます。
海外に住むって見た目よりずっと大変です。特に心的ストレスが・・・(苦笑)

でも、ガイドの仕事をすると、私自身もイタリアのよさを再確認できる、というか、
「イタリアのこういう所を教えたい!」「この素晴らしい景色を見せたい」
と自然にそういう気持ちが湧いてくるんですよね。
あれもこれも、って欲張りになっちゃうくらい。
なんだかんだいいながら、私もイタリアにどっぷり浸かっちゃってるなーと、
今年初めにそういう感情を思い起こさせてもらいました。

そして、ついこの間、3月27日は、フィギュアスケート世界選手権の初★生観戦
をしてきました!!最高でした!!
念願の初観戦!本当は高橋大輔選手のファンでもあるので、男子も見たかったのですが、
平日だった事もあり、断念。(フランスのステファン・ランビーエルも大好きなのですが、
世界選手権は出なかったし、すでに事実上引退してますので・・)
女子では浅田真央ちゃんのファンなので、フリープログラムの日、土曜日に行ってきました。
日曜のエキシビジョンも見たかったんですが、1ヶ月以上前にはすでに売り切れだったので買えませんでした。

それにしてもよかった!!もう癖になっちゃいそうです。
やっぱりTVで見るのと会場で見るのとでは、こう熱気の伝わり方が違うっていうか・・・。
観客一体となって、応援するあの雰囲気は、やっぱりあの場にいないと味わえないですね。
観客のため息、歓声、拍手、ああいうのを生で感じるのと、TVを通して感じるのとでは全然違います。
選手、国籍なんか関係なく、いい演技をすれば、惜しみなく拍手を送るし、
選手が転べばあちこちから深いため息が漏れる。私もその一員になってました。
もちろん、真央ちゃんが出てきた時にはこれでもかーーというくらい叫んでましたよ(笑)
あんなに声を張り上げたのは久しぶりです。
あちこちから「真央ちゃんコール」が上がってて、私も恥ずかしいとか考えてる暇もなく、
「真央ちゃ~~~ん!」って叫んでました。

日本男女アベック優勝、しかもジュニアでも日本男女アベック優勝という、
なんとも素晴らしい栄光が刻まれたあの日に、あの場にいて立ち会えた事を、
本当に誇りに思います。

真央ちゃんはさる事ながら、個人的にはイタリアのカロリーナ・コストナーと、安藤美姫選手の演技に
感動して涙が出てきました。素晴らしかったです。
安藤選手の演技は今まで特に感動した事はなかったのですが、今回のフリーの演技は最高でした。
彼女の振り付けと音楽が頭から離れないほどです。
あと、カロリーナは、難易度が低いジャンプ構成で、転ばない事を今大会の目標にしてきたそうですが、
見事、素晴らしい演技を見せてくれて、涙が出ました。あのオリンピックの惨事の後ですからね。
よく立て直しました。演技構成点の高さに比べ、技術構成点が低いために、なかなか高得点は出ませんでしたけど、
個人的にはもうちょっと出て欲しかったな・・・と思いました。
彼女の優雅な滑らかな滑りが大好きです。

本当に無理してでも見に行ってよかった・・・・。

実は27日の前日、私は救急病院に駆け込んでました。
イタリアの救急病院、本当に待たされる事で有名。
私は結局、昼の1時から夜の9時まで合計8時間も病院に滞在させられました。
なので、とてもじゃないけど無理だろうと思ってたのです。

前々日から、昼から背中、背骨から左わき腹にかけて、
刺す様な痛みが襲ってきて、痛みは増すばかり。
夜になる頃には激痛で、一睡も出来ずに、のた打ち回って、
結局、翌日の昼に救急病院に。

まず問診から始まって、血液検査、往診、
次にエコー、レントゲン、その次に産婦人科の問診&内診。
上に行ったり、下に行ったり、病院中のあっちこっちの科をたらい回しにされて、
その度に、2時間以上待たされ、 もーーーーー気が狂いそうでした。

おまけに原因は結局分からずじまい。
特に大きな問題はないから痛み止めを使用して、水をたくさん飲んで下さい、
と言われただけ。

自宅に戻ってから義母に痛み止めの注射を腰に打ってもらいました。
痛かった・・・・。強い痛み止めだったから、薬が身体に入ってくるとすぐに
すごい目眩が・・・・。

でもその甲斐あってか、世界選手権当日の朝、熱も引いて、痛みも和らいでいたので、
念願だった初観戦を何としてでも叶えたいと思い、
不調を押して、車で片道4時間のトリノまで行ってきました。

運転は私の予定でしたが、急遽変更。
友人にお願いして、私は後ろで大人しくしてました。

でもトリノまで行ってよかったなー。

これは高速道路からのトリノの景色。アルプスがすっごくきれいに見えました。

トリノ

これは試合会場のパラベラホール。ここで4年前、トリノオリンピックが行われました。

フィギュア

1万人収容可能で、27日は超満員。ダフ屋が出てたほどです。
28日のエキシビジョンも同じく完売でした。

パラベラ



30日には友人が日本から来る予定だったので、その準備にも追われていたのですが、
こちらは急遽キャンセルになったために時間が出来ました。

4月には以前から計画していたボルザーノの在伊日本人のお友達の自宅へ
遊びに行く予定だし、出来れば6月頃には日本へ一時帰国したいと思っているし・・・。
6月初旬には私の定期健診が2・3個続けて入っているのでその前後とかにでも、と考えてますが、
どうなる事やらまだ未定。

その前にもう数日でイースター。復活祭の日が迫ってます。
今年は4月4日がパスクワ、復活祭の日です。
毎年、例によって、親族一同での昼食会ですので、準備に追われます。
私は義母のお手伝い。復活祭直前の金曜日に義母がやっと仕事に復帰するので、
またバタバタ慌しい準備になりそうです。


遅くなりましたが、今年もイタリアマニア★国際結婚生活をよろしくお願いします。




スポンサーサイト
2010.03.31 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。