上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
去る11月12日は、もっち夫妻の結婚記念日でした。

8年前、天気はよかったのですが、かなり朝から冷え込んでいて、
震えながら挙式を行い、写真撮影を行いました。

夜にヴェローナの中心街で写真撮影を行ったのですが、
気温が4度の中、ノースリーブのカクテルドレスを着ていた私は
寒くて寒くて、凍えそうでした。

あれから8年。長いような短いような・・・。


結婚記念日、という事で、旦那がレストランを予約してくれました。
イタリアでは結婚記念日はレストランに食事に出かける事が多いのです。

うちも毎年レストランを予約して出かけますが、
いつもは披露宴をしたレストランを予約するのです。
が、今年はいつもと違う所を試してみよう!という事で、別の場所へ・・・。

私がオーダーしたプリモ・ピアットはこちら↓
dinner

魚介類のスープ
これは本当においしかった!!

ヴェローナは魚介類が有名な町ではありません。
内陸部なので、新鮮な魚がとれないというのが最大の理由です。
こちらのレストランも、肉料理が得意料理ですが、
私の身体が魚介類を欲していたので頼んでみました。

で、大正解でした。
大好きなえびもたっぷり入っていたのでそれだけで大満足★


dinner3

セコンド・ピアットも魚。

こちらはバカラ。
バカラとは、乾燥した塩漬けのタラの事で、ヴェローナの隣の県、ヴィチェンツァの伝統料理です。
でも、こちらはヴェローナ風バカラ。ヴェローナでもバカラはよく食べられます。
乾燥させてあるので、内陸部でも保存がきくので、重宝されてきた、というのが理由です。

ヴィチェンツァのバカラの調理方法で有名なのは、牛乳で戻して煮込む方法らしいです。
右にあるのは、ヴェネト州の伝統料理、ポレンタです。
とうもろこしの粉から作られる、昔の保存食。
パンや米が手に入らなかった時代に、生まれた物で、
バカラと一緒にパン代わりに食べるものです。

バカラは左の物ですが、なんかドロドロしてて、本当に魚??
って感じですが、煮込んであるので、こんな感じになるんです。

dinner2
旦那が頼んだセコンド・ピアットはこちら↑


デザートはブリュレ。
crema catalana

おいしゅうございました。


ワイン込みのお値段で、合計5千円。
1人25ユーロ程なので、そう高くはないですね。
ヴェローナで魚料理を頼むと、一人5千円くらいするのが相場なので。



そして旦那様からのプレゼント。

perle


真珠のピアス

perle2

真珠のアクセサリーは一つも持っていなかったため、
欲しいな~仕事にもつけて行ってもOKだし~、と言っていたら
プレゼントしてくれました。

真珠はイタリアでもお高いので、来週の私のプレゼントも込みでのプレゼント、
という事で。



日本でよく言われる「3年目の浮気」ですが、
イタリアでは「7年目」が一番危ない年、
と言われています。
うちは、去年がその「7年目」でした。

とりあえず、イタリアで言われる「7年目の危機」は乗り越えられたので、
そのご褒美ですかね?!
スポンサーサイト
2012.11.17 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。