上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「イタリアマニア」というより「食べ物マニア」に
なってきている気がするのは私の気のせいだろうか
いやいや・・イタリアの食べ物を伝えるのも私の使命

そう信じ、今日も
「南イタリアで見つけたおいしい物特集」

burrata


これこれ!これが大好きなのです!私。
何かお分かりですか???

そう。今では日本でも大型スーパーなどでは
比較的簡単に手に入るようになった、
「モッツァレッラチーズ」

でも、ちょっと何か違うと思いませんか
何がって・・・そう、大きさが。
かなり大きい事にお気づきでしょうか
普通のモッツァレッラチーズの4倍はあります

これ、プーリア、特にプーリア州の州都、
バリでよく作られている、「Burrata」(ブッラータ)
というモッツァレッラチーズの一種

普通のモッツァレッラは、硬さが均一で、弾力があり、
テニスボールくらいの大きさです。

でもこのBurrata、大きさは見ての通り、
大皿にいっぱいいっぱい
Burrataの表面はモッツァレッラと同じ感触、味。
でも中身が全然違う。トロけるくらい水っぽくでやわらかい。

Burrataを別の物で表現するなら・・・
そう!「半熟ゆで卵」
中身は味も感触も別物って感じ。
イタリア人は「バターのような」という表現を用いて、
「Burrata」と名づけてます
イタリア語で「バター」は「Burra」(ブッラ)なのです。
たしかに内部の感触はやわらかいバターって感じかな?

でも、この「Burrata」という命名は素晴らしいと個人的に思っています
だって、「Burro」に似てるのは、食感だけじゃなくて
「バターのように」超高カロリーだって事も重要なポイントだと思うのです

モッツァレッラ自体、超高カロリーで
ダイエットには大敵な食べ物の一つです
しかしBurrataはモッツァレッラ以上に高カロリーなのです!
実際、このBurrataを5人で分けて食べたのに、ずっしりお腹に・・・。
でも美味しいのです

美味しい!!!と言っておきながら、失礼な話ですが、
このBurrata、日本ではまず手に入らないでしょう。
北イタリアでもなかなか手に入らないのです。
スーパーには売っていません。

私は幸運にも、旦那の実家の近くに、1年ほど前、
プーリア・チーズ店がオープンして、毎日プーリアから
チーズが運ばれてくるので、このBurrataを手に入れる事が可能なのです
値は張りますが・・・しかもちょっと小さい・・・・(←文句言い過ぎ?)

私の両親と妹達が、結婚式のためにイタリアへ来てくれた時、
ぜひこのBurrataを食べさせてあげたいっ!!と思っていたのですが、
あれも、これも、食べてもらいたいものがあり・・・・
しかし残念ながら、私の胃と違い、家族の胃には限界というものがある事が判明
時間もなく、結局食べてもらえずじまい

ん?ここでも食べ物ばっかり考えてた私。
やっぱり「食べ物マニア」へと題名変更した方がいいかもしれない?!
スポンサーサイト
2006.08.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/109-681c677a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。