上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
以前、もっちの「紫蘇」についてお話したと思う


をクリックして頂くとその記事に飛びます

頂いた紫蘇は、植木鉢に入れたままだと弱ってきてしまったので、旦那の実家の広い庭に植え替えてもらった

そうすると、どんどん大きくなって、ワサワサと葉をつけ始め、
急成長をしてくれた

あまり植物を育てるのがうまくない私でも、私の紫蘇君はどんどん大きくなってくれて、その成長が楽しみで、せっかく頂いたのに、
「いや・・・まだ採るのはもったいない・・」となかなか料理に使えずにいた

ところが、ある日、私の紫蘇君が忽然と姿を消した
バカンスから帰ってきて、紫蘇君が消えている事に気づいた私。
本当に紫蘇があった部分だけ、ぽこっと空間が出来ていて、
まさしく「忽然と消えた!!」という感じだった
でも、それはありえない、と思い、「大きくなりすぎてお義父さんが、別の場所に移してくれたんだろう」と考え、そのままにしていた

そして、先週末、ふと思い出し、お義父さんに、
「紫蘇、どこに移したの?」と聞いた
すると・・・

「急にしおれて、枯れちゃってたんだ・・・」
との衝撃発言がっ!!!
「たぶん、この横に植えた、オリーブの木が原因なんだと思うんだよね。ほら、この木も病気になってるし、その横の草花も枯れてるし・・」

私の紫蘇が・・・!!!そんなぁ~~~~・・・・
オリーブはいくらでも食べられるけど、
紫蘇はイタリアでは食べられないんだよぉぉ!!!


私がショックをうけて、言葉が出ないのを見て取ったお義父さん。
「大丈夫だよ。来年、きっとひょっこり生えてくるよ。そういう植物なんでしょ?」
と楽観的な励まし(?)をくれた

日本に帰国出来る日が来たら、絶対今度は、紫蘇の種と、ごぼうの種を持ってこよう!と心に誓ったもっちでした
スポンサーサイト
2006.09.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/134-46813cb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。