上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私は自他ともに認める負けず嫌い

多かれ少なかれ、皆そうかもしれないが、
もっちの旦那は少なくとも、もっちよりは「負けず嫌い」ではないだろう。
っというより、「どっちでもいい」と思う事が多いようだ

もっちと旦那の性格は真逆で、もっちは競争事になると燃えるタイプ
スポーツをやると、性格が変わった様になる、と昔はよく言われた
ただ飽き性なのが玉に瑕で、ある程度満足出来る結果が得られるか、どう努力しても無理と分かると、すぐに放り出してしまう
でも、夢中になると、トコトン突き詰める事はしばしばある。周りがなんと言おうと突っ走る。でもこれも融通が利かない、と取られる事もしばしば。
実際、音楽はずーっとやってきたし、反対を押し切って音楽大学にまで入ったし、在学中、イラク戦争真っ只中に、一人でイラク上空を通ってイタリアにふらっと旅行した時も散々周りに止められた。卒業後、イタリア留学を決めたのも、結婚を決めたのも、たぶん親にしたら突然の出来事だっただろうし、ある所では頑固なのだ

それに引き換えもっちの旦那、コツコツ努力型
それに争い事、競争などをやたらと嫌う傾向がある。
周りの協力が得られなければ、チャンスを待つか、粘り強く説得するタイプ
何かをする時もじっくり考え、それから行動に移す

これだけ性格が違う二人なので、もちろん討論もしばしば。
討論になっても、喧嘩になっても、私から退く事は滅多にない

ただ今回は旦那に完敗
こればっかりはどうしようもない・・・

それは・・・英語力の差

もっちは最近、メールマガジンで英語の勉強をしているつもり・・・

ずいぶん溜まっていたメールマガジンを見ていると、
その中にTOEFLの長文読解力テストがあった。
でも・・・さっぱり分からない・・・。
何を題材に話しているかは分かった。「プラスティック」についてだ
でも圧倒的に単語量の知識がなさすぎる私、やってみるものの、ものの数分で投げ出す。
そこへ旦那がグッドタイミングに登場

・・・にやっ
やらせてみる事に。

・・・・しかし
物の数分、座りもせず、立ったままでちょっと読んで、
「ふーん。簡単な長文だね。分からない単語はこれ一つだなー、でも文章の意味は分かるから問題ないね」と言い、設問10個全て、全問正解してのけたのだ

「すごいね・・・」
と悔しそうにもっちが言うと、

「何言ってるの?イタリアで日系の会社で働いてるって事は、
英語なんて必須条件でしょ。これくらいの問題解けなくて仕事なんか勤まらないよ。毎日医学用語を英語で勉強してるんだよ?分かってる?でも僕の英語、そんなレベル高くない。低くはないけど、会社では一番下のレベルなんだから」

と諭すように言われてしまった・・・

く・・・くやしーーーーーーーーーー
じゃあ私の英語のレベルは幼稚園並みって事?!
これでもいちよう辛うじて通じる英語は使えるつもりなんだけど?!

旦那
「ふっ幼稚園?2歳児でももうちょっと理解出来るんじゃない?もっちはまだまだ修行が足りないよ。頑張れ~
とからかわれた

でも反論出来ないのが悔しい!!!
だってどうやっても、もっちが旦那の英語のレベルに到達するには、
最低2年は必死に勉強するか、1年間英語圏の国に留学して
頑張るかしかないだろう事が目に見えているんですもの。

でも・・・旦那の勝ち誇った顔を見ていると、やる気が沸いてくる
語学上達とは目標を持つ事だ、と改めて実感した日でした。

スポンサーサイト
2006.10.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/137-82d22159
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。