上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日本語は私の母国語なのは言うまでもない。
イタリアに住んでいるからといって、母国語がしゃべれなくな
る、
なんて事はありえないのだが、単語が出てこない事はしばしばあるのだ

一つの文章を日本語のみで構成する事が出来ない、
という説明でお分かりいただけるだろうか

例えば、分かりやすい文で言うと、
「このパスタ、熱いから気をつけて」と言いたいところを、
「このパスタ、ボッレンテだから気をつけて」と言ってしまう

普通に日本でこんな事を言うと、通じない
当たり前だが・・・

でも、イタリアにいる日本人の友人達との会話はこういう風に
進むし、私だけではなく、他の在伊日本人留学生も、こんな風になっている
お互い、日本語もイタリア語も理解出来ると、下手に通じてしまって、それが当たり前のように感じてしまうのだ

皆、ぱっと簡単な日本語の単語が出てこなかったりするのだ
そう、むしろ、簡単な単語の方が出てこない事が多いように思う
簡単な単語の方が、イタリア語で日常よく使い慣れているから、ついつい日本語でしゃべっていても、口をついて出てしまうのかもしれない

昨日、ヴェローナで久しぶりに大学時代の後輩とお茶をする機会があった
後輩も、たまたまヴェローナに語学留学しに来ているのだ。

その彼女と日本語で会話をしていても、やはり上の様な感じになってしまう

そして、話が進んでいくうちに、「このイタリア語の単語はどうやって日本語で訳すんだろう?」という単語にぶつかった。
例にもよって、日本語の文章の中に、ぽつんとイタリア語の単語を使ってしまったのだが、日本語訳が出来ないのだ
イタリア語での言いたいニュアンス、というのはお互い理解しているし、使い方もよく分かっているし、日常よく使う言葉だ
でも、じゃあいざ日本語でどういうの?と聞かれると、二人とも、答えられないのだ

「たぶん辞書にはこういう訳が載ってるだろうけど、でもイタリアで普段使われるニュアンスとはちょっと違うよね・・・」
「そうそうなんか日本語訳だとすごくかたくなっちゃうけど、そうじゃないんだよねぇ・・・どういう訳が一番ぴったりくるんだろう?」

こういう事もよく起こりうる

で、最終的には
「日本語って難しいよねーーーーーー
という結論に達する

小学生の頃、帰国子女の友達がいて、日本語の文章によく英語が混じってて、言ってる意味がさっぱり分からなかった事を思い出した
彼女は日本語を話しているつもりだし、私が全て理解している、と思っていたのだが、私はよく「」となっていたものだ。

彼女に嫉妬している人たちは、「彼女は英語が出来る事を自慢したいから、わざと英語を使ってるんだ」とよく陰口をたたいているのを耳にした

彼女はただ単に、日本語の単語が出てこなかっただけなのだ
私と違い、彼女は幼い時からアメリカに住んでいて、
その頃は英語の方がうまくしゃべれたのだ。

今はあの時の友人の頭の中の状況が、よく分かる気がする。
たった数年住んだだけの国の言葉が口をついて出るのだから
スポンサーサイト
2006.10.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/140-53982355
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。