上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
明後日、11月12日はもっちと旦那の結婚記念日だ
約1年前にイタリア、ヴェローナの市役所で結婚した私達
月日が経つのは早いものだと思う

私の誕生日が結婚記念日の約一週間後という事もあり、結婚1周年、誕生日を記念して、明日、土曜日は、レストランに友人総勢20人を招待してのパーティー

明後日の結婚記念日は、いつもお世話になっている旦那の両親への感謝の気持ちを込めて、レストランで家族での昼食会

こういう所も「欧州ならでは」という感じがする
まさかこの歳になって、「誕生日会」を大勢で行うなんて事は日本にいる頃は想像していなかった

イタリアでは自分の誕生日は、自分が主催するのが風習となっているのだ

さすがに「結婚記念日」は夫婦で祝う事がほとんどだが、若くして(イタリアでは特に)結婚した私達が、苦労しつつも1周年を迎えられたのは周りの助けがあったからだと思う

なので、今回は特別に結婚記念日は「感謝祭」として行おう、と2人で決めたのだ

結婚記念日が近いという事もあり、今日はちょっぴり、私達が結婚した、1年前の写真を紹介しましょう

matrimonio1

この素晴らしい景色が見える場所で、披露宴パーティーを行いました
料理は最高級クラスで、申し分なく、大満足

matrimonio2

後ろに見えるのが「イタリアンミルフィーユケーキ」です
正式には「ミルフィーユ」ではなく、「ミッレ・フォーリエ」、直訳すると「千枚の紙」という意味ですが、「何枚も生地を重ねた」という意味ですね
またこれが最高においしいのです
明日も注文してあるので写真におさめて来たいと思います

matrimonio3

これは結婚式・披露宴後、ヴェローナの中心街へ、友人と写真家さんと、夜の町へと繰り出して写真撮影した時の模様
この時の外気温はすでに10度以下
袖なしのドレスではとてもとても寒くて、写真撮影時にのみ、ジャケットを脱いで、終わるとすぐに、私の親友が飛んできてジャケットを掛けてくれる、という作業を繰り返してくれました
ちなみにこの素敵なドレスは、その親友が貸してくれたもので、本当に大満足の写真が出来上がりました

結婚式の時は私は振袖を着て、披露パーティーでは、旦那の祖母が作ってくれた、白のワンピースミニドレスを来て、ヴェローナの夜景をバックに行った写真撮影時に、この赤いドレスを使用しました
イタリアではほとんど、「お色直し」という物は行わないので、こんなにいろいろな衣装を着れた私は幸運だったのだろうと思います
スポンサーサイト
2006.11.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/147-c473d12e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。