上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
旦那との出会いはネット&共通の友人。
共通の友人のおかげで私達はようやくつながったのは、以前お話しました。
でも、すぐに恋愛に発展したわけではなくて・・・。
だって私は旦那に全く興味がなかったわけだから。

じゃあどうして私達が国際結婚までしちゃったかって???
私が幸運だったのは、旦那が「日本マニア」(笑)だったから。

小さい頃から日本の漫画を読んで、日本に憧れて、大学では東洋言語大学で日本語を専攻して、日本の歴史を学んで、日本の事を話し出すと止まらない(友人談)程、日本愛好家。
私がイタリア語を覚え始めた頃も、英語と日本語を交えながら丁寧に説明してくれたし、彼の性格も考え方も、かなり日本人的。だからイタリアでは彼はかなり変な人の部類に入るようだが・・・
私は日本が大好きで、日本を離れる事なんて考えた事もなかったので、日本の文化に興味も持たない人とは、付き合えなかったと思う。やっぱりどうやっても私は「日本人」だし、「日本人」である事に誇りを持ってるから。だから、旦那が親日家だったのはかなり重要な事でした。

ところで、私達の出逢いですが。
メール交換を初めてから半年以上たった頃、旦那を含めたメール友達全員が「卒業旅行と言わずに今すぐおいでよ」と急かされます。皆ホームステイさせてあげるから旅費だけで大丈夫だから、と言うのです。その時私は大学4年生。ちょうど夏休み前で、貯金もちょっとあったので、「んーーーーじゃあ卒業旅行の下見も兼ねて初一人旅でもしてみようかな」と決めます。それが出発の3週間前。

その時の私は、一度決めたら後の行動は早いかった(普段はぐちぐち考えるのに・・)すぐにインターネットで格安航空券を探して手配して、ホームステイ先のメール友達が北・中・南イタリアに住んでいたので、どういう日程で移動するかを決め、どうせならイタリアだけじゃなくてドイツにも行こうと決め、(ホテルの予約も何もなし)ヨーロッパ3カ国を鉄道で移動できるユーレイルパスというチケットも予約して・・・とあっという間に決めてしまいました。

出発の1週間前に忌々しいイラク戦争が勃発。その頃、民間機も落とされる可能性がある、との情報が飛び交っていました。私の予約した飛行機はイラク上空を飛行予定。友人にはさんざん止められました。「会った事もないメール友達の家に行くなんて!」「飛行機落とされたらどうすんの?」
でもその時の私は全然迷いもなく、周りの制止を振り切り、あっという間に一人旅に出かけちゃいました。

今でも不思議。英語もろくに出来ない、イタリア語は本当に0の状態。よく初めての一人旅で、言葉も通じない所に行こうと思った自分がよく分からないんだけど。

旦那とは、メールを通じて、お互いの顔写真は手に入れていたので、それを手がかりに、ヴェローナの駅で待ち合わせをする事に。
私は電車の中からすぐに旦那を見つけられました。だって写真そっくりなんやもん背がちっちゃくて、眼鏡で真面目そうな顔立ち。とてもイタリア人には見えない、どちらかというとアジア系的な感じの旦那はすぐ分かりました。それに引き換え旦那は全く私とは気づかない。
・・・だって私が旦那に送った私の写真はドアップでぼやけててノーメイクでパジャマ姿の私。なんでそんな写真を送ったのかよく覚えてないんだけど。
だから旦那は「写真と全然違う人」と思ったらしい。そりゃそーだ。

っとまあこういう出逢いだったわけです。
それから3週間旦那の家にホームステイさせてもらって、それでちょっとづつ旦那の事を知り始めるわけで。
3週間、四六時中一緒なので、「いい人」なのはすぐ分かったけど、やっぱり全然運命は感じなかったし、興味もわかなかったんだよね。それがいつからか彼の誠意ある態度に好感を持って、ちょっとずつ恋愛に発展していった、って感じなのです。

それで、付き合いは1年、2年、3年と続いていったのですが、でも国際恋愛ってそんな甘いもんじゃなかったどんな恋愛もそう甘い事ばかりではないですが、国際恋愛の場合、何より距離、文化、言葉の壁が立ちはだかります。私達がぶつかった壁、これは次回お話しましょう。


最後に今日も一押しお願いします~



FC2ブログランキング

スポンサーサイト
2006.04.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/15-64c60663
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。