上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本日は、いつももっちのブログへ来てくださっている方へご報告があります

実はこのほど、もっち、妊娠が判明いたしまして、
来春頃にはママになっている予定でございます

安定期にそろそろ入る頃で、流産の危険性もほぼなくなり、
エコー検査でも、元気に子供が育っているのが確認出来たため、
今回のご報告となりました

元々は、結婚5年くらいは、子供を作る予定はなかったのですが、
なんせ「子は授かり物」と言うくらいですからね

でも、妊娠する前は、「さすがに妊娠3ヶ月にもなって、気がつかない人なんていないだろう」と思っていたら、まさかここに存在するとは・・・

3ヶ月に入る前に、すでにつわりが始まっていたもっち
「常に眠い」「体がだるい」「微熱が何週間も続く」「吐き気」などなど・・
もちろん、毎月来るはずの物ももうすでに2ヶ月以上止まっている状態
周りから見れば、明らかに「つわり」の症状で、すぐに妊娠に気がついて当たり前、の状態だったとは思いますが、妊娠は全く想像すらしていなかったもっち

「なーーんか体調がおかしいなぁ・・・。でもまぁ大丈夫だろう」
といつもの調子でほったらかしにしていたもっち
それに引き換え、旦那は常にもっちの体調、変化に敏感で、
微妙に膨らんでいたお腹を見逃すはずもなく、
「急にお腹が出てきてない?検査するか、産婦人科予約した方がいいよ。妊娠じゃなくても、何かの病気で腫れてたりするかもしれないし・・・」と、くどくどと言われる日々。

確かに、バカンスで海に行った時に、どうやらバクテリアかウイルスに感染して、子宮あたりが炎症を起こしている兆候があった。それでも、もっちはもっち
「まぁほっといても死にゃせんやろーあと数ヶ月様子見て、ひどくなるようなら予約しよーっと。」
とほったらかし

でも、毎日の様に旦那の攻撃は続く
「ほら・・やっぱりお腹出てるよ。」(お腹をさすりながら)
「こんなに急に太らないんじゃないの?お腹だけ」
と毎日毎日言われ続け、仕方なく、
「太ったんだよーもーじゃあ腹筋でもするよー」
と腹筋に勤しむ毎日

妊娠に気がつかずに腹筋をする人がいる、とは噂には聞いていたが、
「えー!まさかぁ?普通すぐに妊娠気づくでしょー
と思っていたもっち自分がそうなるとは露にも思っていなかった

さすがに、つわりがひどくなるにつれ、「これじゃいかんもしかしたら子宮内膜症とか子宮ガンかも」と恐くなり、(それでも妊娠とは思わなかった)産婦人科へ行く事を決意

そこで言われたのが、
「子宮は炎症起こしてるのは確かですけど・・・
その他に、もっと気になる可能性があります。
妊娠はされてませんか?」
という事でした。

そこでももっち、
「えーー妊娠ですかありえないです違うと思います
と専門家相手に即答

それでも親切なお医者様は
「そうですか。でもいちよう検査だけしてみましょう。
ここは確実性をとって、血液検査でチェックしましょう」

で、現在に至るわけですね
その間、全速力で走ったり、コケたり、重い物を運んだり、
仕事が追われていたりで、全く「安静」とは程遠かったもっちの生活

以前は、妊娠なんて、大体6・7週目くらいに気がついて、その後すぐにエコーで確認して、手元には、胎芽の写真が残って、「あーママになるんだー」って思うのかと思ってましたが、そんなのとは無縁の状態だったもっち

気がつくのも遅ければ、行く先々の病院で、エコー検査が出来ない所だったり、エコー写真を印刷する機械がなかったり、で、結局、初めてエコー写真を手にする事が出来たのは、つい1週間前。しかもそれも救急センターの産婦人科で、1枚だけ撮ってもらった物。だから、かなり写りの悪い写真

まだ胎動も感じないので、以前とほぼ変わらない生活ですが、
ちょっとずつ育っている胎児と共に、このブログをこれからも応援していただければ幸いです
スポンサーサイト
2006.11.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/150-910b5620
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。