上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、日本へ一時帰国していた友人と、久しぶりに会ってきた

日本のお土産ももらったのだが、その中にお願いしていた
雑誌「たまごクラブ」も入っていた

日本の雑誌なんて何年ぶりかしら~
わー日本語がいっぱーい
と、変な所で感動しつつ、でも一気に読んじゃうのは
もったいない気がして(こんな所でも貧乏性を発揮のもっち
すこーーーーしずつ読む事にした

ところで、イタリアにも雑誌はたくさん存在するが、
イタリアにも「たまごクラブ」のような雑誌があった
でもどちらかというと、もっと専門的に書かれている感じだ
写真もずっと少ないし、カラーも暖色系の物より、寒色系、
内容も、読者からの質問や読者モデルの妊婦生活などを載せるというより、
医学的な内容の物が多い感じだ

私はこの雑誌を、郵便配達員をしている友人から頂いている
無料で手に出来るようだ

なんというか、日本の「たまごクラブ」は見ているだけで楽しい、という感じ
イタリア版「たまごクラブ」は「ふーん」とか「ふむふむ」という感じ
「勉強してる!」って感じがしてきます

でもやっぱり「日本語」で書いてある物を読めるのは本当にうれしい
そして何と言っても
日本にいる頃は活字ばっかりの物より、雑誌や漫画などを好んで読んでいたが、
海外にいると、活字に触れる機会がぐっと減る、というかほぼ0
そうなると、イタリアで活字を見るだけで感動してしまうのだから面白い


スポンサーサイト
2006.12.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/155-770dc123
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。