上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
イタリアには正月の「三箇日」という物は存在しません

1月1日のお正月は祝日だけれども、1月2日からは普通に仕事が始まるのですよ

もちろん、休みの会社も多いのだけれど、1月2日からは、特に平日と変わらない日が始まるのです

もっちの旦那も1月2日から仕事
その代わり、12月23日から10日間の冬休みを頂いたので、十分休養出来たとは思いますが

ところで、イタリアの大晦日、どんな物だと思いますか??
日本は「年越しそば」を食べて、初詣に出かけたり、家で特番を見たりして、そして除夜の鐘を聞いて、「あけましておめでとう」ってのが定番ですよね

イタリアは、というと、友人達と集まり、パーティーをするのが定番
義妹も彼の家で数十人の友人と集まってパーティー、
義父・母も、義理の伯父・伯母達とパーティー、
もっちと旦那も友人宅でパーティー、という感じです

除夜の鐘の代わりに、花火があがる事も多く、
正午前にはラジオやTVをつけてカウントダウン、という感じ

街の中心まで繰り出して、カウントダウンを行う人もたくさんいるでしょう
私達は、人ごみを避けるため、毎年、午前2時くらいに街へ繰り出していく感じです

お正月は、日本に比べると質素な物で、そんなに豪勢な食事をするわけでもなく・・・
意外とふつーーーーーーな感じです

意外でしたか
スポンサーサイト
2006.12.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/168-19a3cc23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。