上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、2度目の定期健診を受けてきました

経過は順調
エコーで赤ちゃんのちーーっちゃな心臓が
パクパク動いているのもよく見えました

でもまだ性別は分かりません
診察で使っているエコー機械はかなり古い物だし、時間もないので、
赤ちゃんの心臓が動いているかどうかだけを確認するための物なのです
性別なんて教えてくれません
「元気ですか問題ないですか」と聞いても、
「ちゃんと動いていますよ」としか言ってくれません

イタリアは医療完全分業システムをとっているので、妊婦の場合も、
「診察」「エコー検査」は別々に予約しないといけません
妊婦に限らず、さまざまな病気で、エコーでの精密検査を必要とする場合も
同じでで、エコー専門家医に見てもらわないといけないのです

さらに、病院が主催している「母親学級」などに対しても、診察とは関係がないので、また別の科、この場合「出産・入院科」に行って、聞かないといけないとの事

とってもややこしいのです

妊婦に必要な血液・尿検査も、もちろん、別の科で行う事になります
血液検査はたいていの病院、クリニックで行っていますが、ほとんどの場所で朝9時ごろまでの受付となっています

私は幸い、自宅近くに血液検査をするクリニックがあるので、
そこにお世話になっています
病院はすごく混雑するし、遠いので、すごく助かっています

定期健診には毎回、主人がついてきてくれるのですが、
産婦人科なんて慣れていない旦那
何を質問していいやら分からず、先生の話に耳を傾けるのみ
でも、すごく助かっております
医療専門用語なんて日本語でも分からない事が多いのに、
イタリア語で理解するのはとっても大変
後でゆっくり説明してもらえるのは助かるし、安心できます

それにしても、イタリアは定期健診に、夫婦で来ている人が多い事
イタリア人のカップルはほぼ、ご主人か、お母様と一緒に来ている感じ
それに比べ、外国人の妊婦さんは1人で来ている人もちらほら
特にアジア人は1人で来ている人が多い気がする

この差は何なんでしょうねぇ

スポンサーサイト
2007.01.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/175-615264d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。