上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は旦那の友人Eについて書こうと思う

彼は私と旦那を結びつけた、いわゆるキューピット君だ
元々E君と私がメール交換をしていたのがきっかけで、私は今の旦那と結婚した

E君は、もっちの旦那と同じ、ヴェネツィア東洋大学で、同じクラスで日本語を勉強していた
私が初めてイタリアを訪れた時、もっちの旦那よりE君の方が日本語が上手だったのを覚えている

でも彼、実はまだ大学を卒業していない
っというか今は保留状態だ

イタリアでは中退は珍しくない
試験がかなり難しく、卒業するのが、日本よりもはるかに難しいのだ

でも、E君、勉強が出来ないわけではない
ただ、日本語の授業以外、興味がないのだ

大学では、日本語だけではなく、イタリア文化や書物に関するテストや、日本の宗教、歴史、漢文、古典、などなど、様々な事を勉強しなければならない。もちろん第二外国語も必修だ

日本語の成績はかなりよかったのだが、どうしても、日本語・日本の歴史以外の授業に興味が持てず、家庭の事情もあり、結局今は就職して、大学は保留中、という事になっている

そんな彼だが、日本文化に興味がなくなったわけではない
最近、特に彼が興味を示しているのが、和食だ
そして抹茶も大のお気に入り

以前、私が抹茶を作って出してあげてからというもの、
「どうしても欲しい。お金出すから日本から誰かに送ってもらえないか」とあまりに切実に言うので、私が持っていた抹茶をあげたら、毎日朝一杯飲むのが習慣になったらしい
そして今度は、以前私が作った抹茶パウンドケーキに挑戦してみたいらしく、レシピが欲しいと言っている

彼は料理も得意
和食にも挑戦してみたいらしく、今度、友人達と日本食パーティーをするらしい
私も呼ばれたが、拒否
大きくなってきたお腹かかえて、15人分の和食を作るなんて
「丁重にお断りさせていただきます」と言っておきました
だってどうせ、全部私が作る事になるのは目に見えてるもの・・・

でも誰も日本食を作った事がないのに、どうするんだか・・
ちょっと食べてみたい気もする・・・
スポンサーサイト
2007.01.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/176-a2c5397d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。