上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ミラノはイタリアの商業都市
もちろん人口密度も高くなる
地方からミラノで就職して、引っ越してきた人も多い

かくいう私達もヴェローナから引っ越してミラノに移り住んでいる住人だ

でも・・・ミラノは家賃がべらぼうに高い

現在もっち家は賃貸うちの家賃はミラノではかなり安い方だが、旦那の給料の半分以上を持っていかれる

賃貸なので、捨て金となる

イタリアでは、不動産の価値はかなり高い
実際、ここ5年で不動産の価値は倍に膨れ上がっている
価値が下がる事はほぼないだろうと言われるほどだ
だから、ここでは、出来れば、賃貸ではなく、無理をしてでも小さなアパートでも購入し、数年すればその家を売って、広いアパートに引越しすればいい、という考えが浸透している

もっち家でもアパートの購入は以前から考えていて、探しているのだが、なかなか厳しいのが現状だ

なぜかというと、イタリアでもかなりの頭金と、不動産屋に払う手数料、税金、などなど、かなりの額が初めに必要となる
家の所有者を移す手続きをするのにも、かなりの代金がかかるのだ

ミラノで働いている独身者は、たいてい、アパートをシェアする形を採っている。賃金は上がらないのに、家賃ばかり上がっていくので、こうするしか他ない、という人が多いのだ。

旦那の会社で働いている人は、旦那と2人の日本人を除けば、全員独身だ
つまり、同僚のイタリア人は全員独身、という事になる。
が、ほぼ全員が、家族と住んでいるか、シェアをして暮らしている

これがミラノの現状なのだ

スポンサーサイト
2007.01.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/178-c631f9b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。