上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年のイタリアの冬は本当に暖かい、っというか暖かすぎる

妊婦のもっちには優しい気温だが、去年のミラノは23年ぶりの大雪に見舞われるほどの寒波が押し寄せたのに、今年は雪どころか雨すら降らない
先週の金曜日にはなんと、コモ湖で24度を記録
各地で20度を超える気温を記録した

例年のこの時期、一番寒い時期にある北イタリア
氷点下になるのが普通なのに、24度とは・・・

金曜日、ジャケットを着て、暖かい格好をして外に出たもっちは汗が額に・・
生暖かい風が吹いていて、逆に気味悪いほど

「梅雨」というものがないイタリアでは、通年を通して雨量が必要になる
特に晩秋~冬にかけて、雨量が増える傾向にある

なのに今年は全然雪も雨も降らないので、初夏の時点で断水が始まる恐れがある事、とすでにニュースで警告していた

スキー場も深刻な経営難を突きつけられている
雪が降らないどころか、気温が高く、天気もいいので、人口雪を使用しても、すぐに溶けてしまう

それほど深刻な雪・雨不足なのだ

が、やっと今週、本格的な雨が降っている
気温も5度前後まで下がり、今週はニュースでも
「やっと冬の到来か?!」と報道されている
今週いっぱい続く見込みらしいが、なんせここはイタリア
イタリアの天気予報ほど当たらない物はないのでは?というほど当てにならない

一度は天気予報士が「雨、または晴れでしょう」と言っているのを耳にして、「はなんじゃそれ雨と晴れじゃ全然違うじゃん!」と思わず突っ込んでしまった事がある
旦那は「これなら僕にも言えるよ天気予報士になれるかなぁ」なんて言っておりましたが

日本の天気予報の優秀さは、世界に誇れる事だと思いました
こちらに住んで、初めて実感した事ですが、当たり前と思っていた事が、実はすごい事だったんだーと知れてちょっと感激しましたね
スポンサーサイト
2007.01.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/184-5a23b651
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。