上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日はお約束していた、私のお腹の中のベビーの性別発表の日でございます

先日、超音波検査で胎児が健康体である事が証明されたわけですが、
同時に胎児の性別も分かりました

皆さんはどう予想されましたか

私の周りの予想としましては、
義父、義伯母、もっち家次女が男の子
義母、義伯父、もっち家三女が女の子
友人達はほぼ男の子予想といった感じでしょうか

もっちと旦那の予想は「男の子」で一致

さてさて・・・結果は

こちらの続きからどうぞ
超音波専門の医師、検査を始めるとすぐに、
「性別、知りたい」と聞いてきました
待ってました、とばかりに「はい」ともっち
すると医師・・・・



男の子


即答

あ・・・即答ですか
もうちょっと「う~ん、どうかなぁ?」とか言うのかとおもってましたよ


そうなのです
もっちの赤ちゃん、どうやら男の子のようです
しかもほぼ間違いないようです

医師も、当たり前のようにさらっと言ってのけたので、面食らってしまいました
胎児の体勢によっては見えにくい、とか、噂に聞いていたし、
「どうかなぁ?たぶん・・・」というような言い方をされると思っていたので、
ちょっとドキドキしていたのですが、何てことなく、確信に満ちた言い方をされたので、こっちも「あ、はい。そうですか」みたいな・・
ばっちり「男の子」が見えてたんでしょうね

でも聞いた瞬間、旦那と2人、思わず
やっぱり~
と言ってしまいました

でも変な感じ
もっちの血を引いた男の子なんて・・・

実はもっちは女系家族に生まれ育っています
父親を除いて母、もっち、妹2人、と女ばかり
父親の姉(もっちの伯母)の所はなんと女4姉妹
女が圧倒的に多い血筋なのです

なので、周りに男の子の血縁者が少ない事もあって、
男の子が産まれてくる、という事が、なんだかくすぐったいような感じ

周囲の反応と言えば・・・
まず義母

落ち込んでおりますとも
もちろん、胎児が健康である事が一番ですので、それはとても喜んでおりますし、
男の子だったからと言って、「えー残念」とは言われませんでしたが、
「女の子だったら、私、気が狂うほどかわいがってたかも
「ピンクのフリフリのドレスも、かわいいボンボンのついた帽子もなしなのね~・・」
と、明らかに残念そう

一方、義父
旦那から連絡を受けて、大喜び
喜びを抑えきれなかったのか、
「性別は最後まで知りたくない(でも男の子以外考えられない)」
と豪語していた伯母に即電話

そして、その後、すぐにメールで旦那に
「3歳になったら、スキーとスノーボードを教えて、4歳になったら子供用のトライアル用バイクを買おうあと、スキューバダイビングと釣りも教える
と自分の趣味を全て教える事を宣言

気が早いのでは・・・

伯母は旦那に一言
「Bravo(素晴らしい、よくやった)」と

とにもかくにも、元気な男の子が生まれてくるのを待つばかりです
皆さんの予想は当りましたか?
スポンサーサイト
2007.01.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/187-19897e45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。