上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
食生活の違いは、結婚生活において、なかなか苦労する事の一つだと聞く
国際結婚において、食生活の違いは切っても切れない事の一つだと思う

「食は文化」とは、よく言ったものだ
まさにそのとおりと思う

でも、もっちは、和食も中華もイタリアンも、喜んで食べてくれる、ありがたい旦那を持っている

特に、妊娠してからというもの、カロリーが高いイタリアンより、和食中心の食生活になっているもっち家

和食の方が、たくさんの栄養素・品目を満遍なく取りやすいように思うし、私の胃には、イタリアンは、一品でお腹を満たすのに十分な量なので、たくさんの品目を摂取するのに、苦労してしまうのだ

でも、いくら和食好きの旦那も、根はイタリアン
昼、食堂で、週末は実家で、必ずイタリアンが食べれるのは事実だが、
それに甘えて、「私が妊婦だから夕食は和食のみねー」と
言うのはちょっと厚かましい気もする
やっぱり彼も「イタリア人」だと言う事を忘れてはならないと思うのだ

文句一つ言わないが、毎晩、毎晩、和食というのは彼にとってはキツイだろう
私にとって、毎晩毎晩、パスタ、パスタがキツイのと、そう大差ない気がする

そこで、「今日は久しぶりにイタリアンにしよう」と思い、
以前旦那に好評だった、鶏肉ときのこのクリームパスタを作る事に

でも、冷蔵庫には買ってきたばかりの大きな大根もある・・・
おろし大根が食べたいもっち
でも、おろし大根を使用するメニューって和食が多いよなぁ・・

っとそこでひらめいたもっち

「そうだ和風パスタを作ろう

旦那用に、クリームパスタ、もっち用に、和風パスタ

和風パスタは、オーソドックスに、きのことツナのパスタに、大根おろしを乗せて、
もっちおすすめピエトロドレッシングと少しのお醤油をかけて出来上がり
すごーーく簡単でおいしい

夫婦で並んで違う物を食べてるのも変な感じでしたが、
お互い満足のいく物を食べられてご機嫌な私達

そんな時、ある事を閃いたもっち
「そうだ旦那に和風パスタを食べさせてみよう

「一口、食べてみる
「うん
もっち、ニヤッ

さて、もっちの旦那、その後、どんな反応を示したと思いますか




旦那、一口パクリ
「げーーーーーーーーーーーー
まずーーーーーーーーーーーーーーー
水、ごくごくごく・・・・


想像通りの反応に爆笑&ご満悦のもっち

パスタ+醤油の組み合わせは絶対嫌がるだろうと思ったのです
和食は好きでも、食べ慣れたパスタに、和を無理やり入れ込んだ形のパスタはどうも我慢ならないご様子
ま、和風パスタなんて、日本人が考え出した物ですし、日本人の口に合わせた料理ですからねぇ

日本人って何でも作っちゃうよねーっと改めて思わされた「和風パスタ」なのでした

スポンサーサイト
2007.02.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/189-09bf9b7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。