上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
久しぶりの高熱だ

日曜日からひどい咳に苦しめられていたもっち
なかなか寝付けずに、そのまま月曜日の朝を迎えたと思ったら発熱
月曜日は高熱ではなかったので、下手に薬は飲まない方が・・・と思い、
水曜日の産婦人科の定期健診まで待とうと決める

が、火曜日なんと39度近くまで熱が上がってしまい、
さすがに「これはやばい」と思い、Tachipirina(タキピリーナ)という
イタリアではかなり有名な解熱剤を飲む
このTachipirina、身体に優しい薬で、妊婦でも飲めるし、
医師の処方箋がなくても購入できる薬なので、
各家庭に1つは常備してあると言っていい程、
イタリアでは欠かせない薬なのだ

実際、妊娠が分かった際に、かかりつけの医師、そして産婦人科医に
言われた事が、「熱が38度以上になったらすぐにTachipirinaを」
という事だった

シロップと錠剤があるのだが、どちらかというと、シロップの方を
常備している家庭が多いように思われる
特に子供がいる家庭では、錠剤を嫌がる子供が多いので、
シロップを購入するのだろう
シロップの方が量は多いが、値段は倍だ

私もシロップの方を買おうとしたのだが、声がうまく出せなかったのか、
聞き取れなかったのか、錠剤を渡されてしまった
「まぁ試してみようかなどうせ成分は一緒だし」と思い、昨日の夕方、試してみたら、なんとまぁ、私には異常なほど効果抜群だったようで・・・
39度近くあった熱が2時間後には一気に37度に

熱が下がった数時間後、今度は胃炎を併発
元々、胃が強くないもっちよく胃は痛くなっていたのだが、
やっと熱が下がって元気が出てきた所に胃炎とは・・・
かなりの痛みにのた打ち回るもっち
結局夜は眠れず、もっちのうめき声で旦那は寝不足

今日、産婦人科の定期健診で、赤ちゃんは元気に動いている事が
確認されているので、妊婦生活に支障はないが、
まだ続いている胃の痛みにげんなり
産婦人科医に、妊婦でも使用していい胃薬を処方してもらったので、
すぐに購入
が、取扱説明書を見ると、「食後、20分~60分おいて服用」との事
仕方がないので、11時頃に昼食を作り、12時頃に服用
効き目が表れるのをまだか、まだかと首を長くしてまっているもっちです
スポンサーサイト
2007.02.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/190-84635852
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。