上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今、ふっと、ブログに設置している、の出産カウントダウンを見てみると、もうあと出産予定日まで10日を切っている事に気付きました

臨月に入ってからあっという間に時間が過ぎていったような・・・

調子がよくて、あっち行き、こっち行き、
うろちょろ、うろちょろしていたのもありますが、
何かと検診やら、用事が重なって、なんだか、まだまだ
出産が先の事のように感じていましたが・・・

今週に入って、あれほど痛く感じていた胎動が、ぐぐっと減り、
どうやら、赤ちゃんもこの世に産まれてくる準備をし始めたようです

でも今日、明日は、産まれて来ないで~と願っているもっち

実は、旦那が昨日からヴェローナに戻ってしまっているので、
私はミラノで1人、お留守番

たくさんのベビー用品が、ヴェローナの旦那の実家にあるので、
今日、車で運ぶ予定になっているのです

そのため、金曜日、仕事が終わってすぐ、旦那はヴェローナへ戻り、
今日の朝、荷物を積め、ミラノに戻ってきて、さらに明日、
またヴェローナへ戻って、旦那のマンマに車を返し、
旦那は電車でミラノに戻ってくる、という、忙しい日程になっているのです

こんな時に陣痛が来ちゃったらたーいへん
まぁ、言葉が全く喋れないわけではないので、1人でも、何かあれば、
救急車やタクシー呼んで、病院に行く事は出来ますが、
やっぱり、1人よりは2人の方が心強いですもの

でも、荷物を運ぶと行っても、一回ではとても運びきれない量の荷物があり、先週末に、必要最低限の荷物を選別したのですが、それも運べるかどうか・・・

さらに、先週末、友人達からまた、お祝いの品が頂き、うれしい悲鳴を上げているもっち夫妻
運ぶのも大変ですが、置く場所の確保も大変になってきました

その友人達から頂いたのは、以前にもっち達が、「欲しい物リスト」を作って渡しておいた物の中から、友人達が選んで買ってくれた物でした

イタリアでは、結婚式の時もそうなのですが、「お祝い金」より、「お祝いの品」を用意する習慣があります
そのお祝い品を決めるのは、祝う側ではなく、祝われる側であり、事前に欲しい品をリストアップして、それを友人や家族などに渡すのです
そして、その中から、自分達の予算に合った品物を買い、プレゼントする、というわけです
家族や親族などは、電化製品などの高価な物をチョイスし、
友人達は、食器などの比較的買い求めやすい物をチョイスしたり、
数人で、ちょっと高めの物を一つ、など、工夫を凝らしてプレゼントするわけです

今回、祝われる本人であるべき赤ちゃんは、まだ産まれてもなければ、何が欲しいかも言えるわけではないので、必要なベビー用品を書き出してみたわけです

プレゼントもとてもうれしかったのですが、何よりも私が感動したのは、一緒についていた、お祝いカード
友人達が一日かけて、あれこれ考え、日本人の私にもちゃんと伝わるようにと、シンプルだけど、最高に心のこもった素晴らしい言葉を綴ってくれた手紙が、何よりもうれしかったですね

出産は大変だろうけど、見守ってくれる人達が、こんなにたくさんいるんだと思うと、異国の地でも、安心して出産に挑めそうです

でも、わがままだけど、やっぱり今日は産まれてこないで欲しいな・・
スポンサーサイト
2007.05.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/248-bf2c4b64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。