上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
5月29日に、息子を出産した事は周知の事実ですが、
まだ出産時のイタリアでの入院生活について話しておりませんでした

今日は出産時の入院についてお話しましょう

イタリアの大半の病院では、出産に伴う入院日数は、
自然分娩で2日、帝王切開で4日、となっています

「私は膣分娩だから、入院は2日間なのね~
なんて暢気に構えて、ほとんど荷物を詰めて行かなかったもっち
ところが緊急帝王切開になって、慌てた、慌てた

どうせ、2日間なんだから、シャワーなんて帰ってからで十分だわ、
なんて思っていたのに、
さすがに4日間、一度もシャワーすら出来ないのは辛い

シャワーは出産した日とその次の日はご法度だが、
その次の日からはOK

まぁ旦那にタオルや石鹸類を持ってきてもらえばいいわ~
っと思っていたもっち

予想外の事が

私は出産した日は29日の22時
手術が終わったのが22時半
その後、病室に移ったのは夜中を過ぎていて、すでに30日になっていたのだが、
30日の朝9時半に、看護士2人がやって来て、
「さあ、歩きましょうね
っと言うではないか

てっきり、同じ病室(2人部屋)にいた、もう1人の彼女に言っているのだと思って、
またまた暢気に、「わ~大変痛そうだな~
と思っていたら、
「じゃあ次はあなたね」
っと言われ、「は?」っと思わず言ってしまった

何かの間違いかと思い、
「私、まだ出産して12時間しか経ってないんですけど・・・」
と言ってみたが、
「ええ、知ってるわよ。でも歩く練習は早い方がいいのよ!」
と言われてしまった・・・

で、とりあえずベッド脇に座ってみたが、頭がクラクラ目はチカチカ
10分くらいして、やっと落ち着いたので、看護師2人の手(むしろ全身?)を借りて、
なんとか数歩・・・
すると・・・

「じゃあ、頑張ってトイレまで行きましょうね」

・・・なんでトイレなんだ?
導尿してるからトイレに行く必要なんてないのに?


そう思いつつも、歩くのに必死で、言われるがままにトイレへ。

やっとの思いで2メートル程先のトイレへたどり着くと、
「さあ、座って!」
っとどこからかいすを持ってきて、洗面台の前に座らされた

状況がさっぱり分からないもっち

「じゃあ、今から身体を洗いましょうね
石鹸は持ってきてるわよね?どこ?取ってきてあげる

・・・え??

身体洗うって・・・???今??ここで???
石鹸も用意してないし、タオルも持ってきてないんですけど・・・

心の準備も、荷物の準備も全くしていなかったもっちは
面を食らってしまいました
しかも、2人いる看護士さんのうち、1人は男の人で、
彼の前でおもむろに上半身裸になって、洗面台で身体を洗えと
おっしゃるではありませんか

授乳の時に胸をさらけ出すのとはちょっぴりわけが違うんじゃ・・??
いや、まぁこんな所で働いてたら、彼にしたら当たり前の事で、
気にも留まらない事なのかもしれないんですけど、
私はやっぱりちょっと気になりますよ、そりゃ

でも、そんな事は言ってられないので、とりあえず、
石鹸もタオルも持ってないと説明すると、
どこかから石鹸とタオル代わりになる物を借りてきて、
これを使え、と言われ、しぶしぶ、せま~~~いトイレで腕をあちこちにぶつけながら、身体を洗いました・・・

でも、術後すぐに歩かされたのにはびっくり
こんなもんなんだな~っと思いました
スポンサーサイト
2007.06.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/255-70d40035
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。