上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日はついに?!我が子の名前をここを訪れてくださる皆様に発表しようかと思います

楽しみに待っていてくださった方、ありがとうございます
焦らしてすみません

実は、候補に挙げていた名前が2つあり、
産まれる30分前まで、まだ迷っていたのです

イタリア名日本名が候補にあり、
初めはどちらも付ける予定だったのですが、
セカンドネームを付けると、結局使用するのはファーストネームだけなのに、
いろいろな資料や書類の申請時に面倒くさい、という話を聞き、
やはりどちらかを選ぶ事に

産まれる30分前、というと、医師の最後の内診を受けて、
帝王切開が決まった時刻

「どうするどっちにする
もう産まれてきちゃうよ
と慌てるもっち

それもそのはず
イタリアでは、産まれて3日以内に、子供の名前を、出産した病院に提出、登録しなければならないのです

これが、出生届けとなり、病院が国に自動的に申請する事になっているのです

なんらかの事情で3日以内に届出が出来なかった場合は、
10日以内に自ら市役所に赴いて、出生届を提出しなければなりません

幼い子供を連れて、市役所に行く手間を考えると、
入院期間中に、病院で全て終わらせておく方が楽ですよね

で、「早く決めなきゃ~」と焦っていたわけです

で、いよいよ手術室に入る、という時に、
「産まれてきた子供の顔を見て、どちらか決めよう」
という事になり・・・

そして産まれた後、看護士さんが、もっちの旦那に沐浴の仕方を教えつつ、子供の身体をきれいにしている時、名前を聞いたんだそう

まだ手術中だった私は、数分後に戻ってきた看護師さんに、
「旦那は何て言ってましたか?」
と聞くと、
「すっごくかわいいって言ってたわよ。名前を聞いたら、日本名を言ってたわ。どういう意味なの?意味はあるの?」
と言われました

私達は我が子にカオルと名付けました

もう一つの候補は、オルランド(Orlando)で、
どちらもとても素敵で気に入ってきたのですが、
最終的に、名字はイタリア名、名前は日本名、という事で落ち着きました

でも、道端で名前を聞かれるたびに、皆
「ん~~~・・・
と難しい顔をされます
イタリア人に慣れてもらうまでには時間がかかりそうですが、
でも、私達はこの名前がとても気に入っています
スポンサーサイト
2007.06.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/258-775d21d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。