上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
イタリアでも、日本でも、これは世界共通

やっぱり孫はかわいいらしい

特に初孫とあっては、おじいちゃん、おばあちゃんは目じりが下がりっぱなし

残念ながら、私達はイタリア在住のため、私の両親は、初孫の成長を
間近で見る事は叶わない
仕方のない事だが、私もやっぱりちょっぴり寂しい

でも、今はインターネットという便利な物があるため、
ちょこちょこ、孫の成長を写真で送るようにしている

旦那の両親は、といえば、今は月に1回は、孫の顔が見れるというのに、
さらに写真を送ってくれとせがまれる
確かに、1ヶ月に1回でも、どんどん赤ちゃんは成長して、
どんどん変わっていくから、その間の成長を見たいんだそうだ

この写真は息子が生まれて3週間目くらいに撮った写真
て息子の小さな手


実際、うちの息子はどんどん大きくなっている
朝楽に入った服が、夕方には脱がせにくい、着せにくい、という状態に
紙オムツも、すでに2サイズUPしてしまった

イタリアの紙オムツのサイズは、
1、2、3・・と数字制になっていて、新生児は「1」サイズが普通
が、うちの息子はもちろん、1は飛び越えて、からスタート
足部分が太すぎるのだ
さらに、今はもうサイズ
表示では、「2」サイズは4~6kgとなっているのだが、
もうおしっことうんちがあちこちから漏れてしまうのだ
あまりにもウンチを大量にするので、もう小さいサイズでは
吸収しきれないようだ

ちなみに私は、今時?っと思われるかもしれないが、布オムツも使用している
布オムツだけだとかなり大変だが、紙オムツとの併用で、
かなり楽しんで布オムツを使用している
日本の両親が布オムツを送ってくれたのだ

イタリアでも昔は布オムツはあったらしいが、
今は誰も使用していない
布オムツを売っているのも見た事がない
義母も「日本からオムツが届いたわよ!!」って笑っていた
私が布オムツを使うとは思ってなかったようだ

せっかく届いた布オムツ、試しに使ってみたら、意外にこれが楽しかったので、
時間があって、洗濯が可能な日は、
朝~夕方は布オムツ
夜は紙オムツにしている

紙オムツに慣れた息子は、初め、布オムツを使用した時、
違和感にぎゃーっと泣いていたが、オムツかぶれの時は布オムツがあって助かった

それにしても、おしっこも大量にするので、
布オムツだとすぐにびしょびしょになってしまい、
ふにゃふにゃと文句を言われる
でも、面白いくらいよくおしっこをするので、
なんだか逆に健康な事が分かりうれしい

ちなみに、正直に話すと、
私は、「子供のために布オムツの方がいいから」という理由で
布オムツを使用しているわけではない
あくまで、自分勝手な理由で、使用しているに過ぎない

イタリアは紙オムツが激高なため、布オムツの方が経済的なのだ
セールをしている時に、まとめ買いをしても、1枚当り、日本の2倍の値段
ヨーロッパで一番、紙オムツの値段が高い国だそうだ

だから、布オムツを併用しているに過ぎない

こんな親の私だが、息子は知ってか知らずか、ぐんぐん大きくなってくれている
生まれた時も巨大だったが、今はさらに巨大に・・・
お乳をあげるのも一苦労
重くて重くて、特に夜中の授乳の時は気をつけないと、
寝ぼけているので、抱き上げる時、いつかうっかり
ボトッと落とすんじゃないかと思うくらいだ

これからもこの調子で大きくなってもらいたいものだ
スポンサーサイト
2007.07.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/260-0ca6ef3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。