上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もう約年、日本に帰っていないもっち

以前帰国した時は、イタリアでの結婚後、
日本で披露宴をするために帰国したので、準備に追われて、
ゆっくり日本を堪能した、という感じではなかった

そこで、今度こそと思っていたが、
妊娠→出産で、結局帰る事が出来ず、一体今度はいつ日本に
戻れるのだろう??と考えていた

しかしついに、念願の里帰りが叶う時が来た
旦那の許可が下りたのだ
「もう随分帰ってないし、子供が2歳までは飛行機代が90%割引になるんだから、今のうちに帰った方がいいかも」
という事になり・・・

それなら、母体から受け継いだ免疫がまだ残っている5ヶ月くらいの、気候もいい秋頃、10月くらいがいいか、という事になったのだが・・・

トラブル発生

問題その1
息子のパスポートがない

息子は、今の所、二重国籍なので、イタリア及び日本のパスポートをどちらも申請出来る
しかし、パスポート取得までにかなりの時間がかかる

イタリアは言うまでもなく、お役所関係の仕事は、本当に効率が悪いため、
何に時間がかかるのか分からないが、時間がかかる
そして、いつ出来るか、定かではない所がやっかい
「○○頃には出来ます」と言われて、その日に行ってみると、
出来てないのがもう当たり前

そこで日本のパスポートを考慮してみるが、
まず、イタリアで日本のパスポートの申請の場合、
戸籍謄本・写真1枚が必要になってくる
この戸籍謄本がやっかいなのだ
息子の場合、出生届をミラノの日本領事館に提出し、それから2~3ヵ月後に戸籍謄本が出来上がる
その戸籍謄本を、日本の誰かに頼んで取りに行ってもらい、
それをイタリアに送ってもらって、それを持っていかなければならない
今から2ヵ月後の9月末に息子の戸籍が出来たとしても、10月中にパスポートがもらえる保証はどこにもない

ので、10月に帰る、というのはリスクが大きすぎる
じゃあ、もうちょっとずらして11月頃では・・・?
となったが・・・

問題その2
私の滞在許可証がない

これが一番やっかいな問題
私は今現在、1年の有効期限の滞在許可証を持っているが、8月1日で、その有効期限が切れる
そのため、今度は、永住権付きの滞在許可証を今申請中なのだが、
これが、一体いつ取得出来るのか、全く分からないのだ
滞在許可証不所持で、出国した場合、出るには出られるが、
戻ってくる時にトラブルになる

以前の里帰りの際、イタリアで往復の航空券を購入し、旦那と一緒にイタリアへ戻ろうとした際、チェックインカウンターで
「乗れませんよ」と言われた
その時、私は結婚していたが、滞在許可証の申請はまだしていなかった。
が、日本出国時に、片道航空券しか所持しておらず、しかもビザなし(つまり観光ビザ)で、日本人が海外に出国する場合、滞在許可証の提示か、往復航空券の購入が、出国前に義務付けられているのだ

そこで、私は、事情を説明したが、もちろん受け付けてはもらえず、
結局「航空会社は一切の責任は負わない」という書面にサイン・捺印をし、
イタリア入国の際にペナルティーを科せられた場合は、自腹を切る、
という条件で出国が許可された

同じ過ちは犯したくない
でも、滞在許可証はこっちでどうにもならない問題
以前の申請時に、「受け取りは、4月3日の10時にカウンター6に取りに行け」とえらく細かく指定されて、期待して行ってみたが、もちろん出来ているはずもなく、結局その後、「あと2ヵ月後に来い」と言われ、行ってみても、まだ出来ていなく、最終的には1ヶ月で出来ると言われたものが、5ヶ月も待たされた
しかも毎回毎回行ってみると、長蛇の列。朝早くから受け取りに並んでも、結局窓口で「出来てません。あと1ヵ月後くらいに来てみたらどうですか?出来てるかもしれません」なんて言われる。
ばからしい・・・。

これが当たり前なので、6月末に申請して、10月に滞在許可証を手に出来るとは到底思えない

じゃあ、いつ出来るんだ、と言っても、それも「神のみぞ知る」ってな具合だ

せっかく、「やっと日本に里帰りできる~
とウキウキしていたが、思わぬ落とし穴にずどーんと落ち込んでいるもっち

でも、出来れば今年中には帰りたいので、お正月頃を目途に、
航空券を予約しておいて、状況次第で変更を申し出ようと思っております

さてさて、どうなる事やら・・・???
スポンサーサイト
2007.07.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/268-eef7db9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。