上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
イタリア語で柿は「カコ」と言います
複数形は「カキ」

そう、複数形は、日本語の発音と同じになるのです

イタリア語には、各単語に、必ず単数形と複数形があり、
例えば、1つの柿を指して言う時は、「カコ」、
2つ以上の柿を指して言う時は、カキになります

そして、単語には、男性形と女性形、という分類もあり、
大抵、男性形の単語で、単数形だと、単語の終わりが「オ」の母音で終わり、
その複数形だと「イ」の母音で終わるのです

柿は日本から輸入したらしく、その時、「カキ」という言葉も
柿と一緒に「輸入」したらしく、その単語を聞いたイタリア人は、
「ああ「カキ」は男性形複数の単語だから、単数形は「カコ」だな」
と考え、「カキ」は「カコ」という単語になったと言われていますが、
本当の所は定かではありません

本当かどうかはさておき、その「カキ」、
どうやらうちの息子の好物らしい

いやいや、まだ5ヶ月に満たない息子にカキを食べさせるのは、
どうかと思いますが、うちの旦那様、
「汁くらいなら大丈夫だ」とうれしそうにいろんな果物や野菜スープなど、
試しに与えたがるのです

で、旬の柿が最近、いろんな所から頂いたり、旦那が毎日会社からお土産に
持ってかえってくる果物が柿だったりして、手に入る事が多かったので、
うれしそうに見ている息子に、「試させてあげよう」と旦那が一口、
試しに与えたら、どうやら気に入ったらしく、吐き出す事もなく、
飲んで、催促までしておりました

なかなか渋い好みだ事
私は柿が苦手なんですが・・・

普通、離乳食開始前は、りんごすりおろしの汁とか与えて、
様子を見つつ、始めると思っていたので、4ヶ月になった頃から、
ちょこちょこ与えているのですが、どうやら、りんごは好物ではないらしい。
食べない事もないが、ぺーっと吐き出す事も多い気がする

桃の汁もあまり好きではないようだ

ぶどうの汁はお好みだったようだ

旦那:ぶどうが好きだなんて、やっぱりイタリア人の血?ワイン好きになるね
もっち:いや、でも柿は日本の物だから、柿好きの息子はやっぱり日本人だね

っとわけのわからない主張をお互いしあっている夫婦のそばで、
息子は「それよりもこのおもちゃが一番おいしい」といわんばかりに、
一番のお気に入りのおもちゃを口いっぱいにくわえて、見つめております
スポンサーサイト
2007.11.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/301-b9a40fc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。