上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近、私は、イタリア在住、3年以上にして初めて、
「IDカード」、いわゆる身分証明書を市役所で発行してもらった

この身分証明書があれば、常にパスポートを持ち歩く必要はなくなる

外国人である私が、このカードを発行してもらうには、
滞在許可証が不可欠なので、このカードを持っている、という事は、
滞在許可証も所持していて、かつ、住民登録もして許可されている、
という事になる。そのため、いろんな場面で有効な身分証明書となる

このカードには、氏名、住所などが記入されているが、
面白いのが、「身長」「髪の毛の色」「目の色」という欄がある事だ

身長は、自己申告。10センチ、サバをよんでいてもどうって事ない
なんせ、私の旦那、身長163センチしかないのに、以前のカードには、
175センチと書かれていた。コンピューター入力を、オペレーターが
間違えたのだろうが、旦那もずっと気がついていなかったらしい

髪の毛の色だって、染めていたらどうなるんだ?と思ったが、
まぁ、これもほぼ自己申告

目の色、これが一番興味深かった
私は、ずっと、自分の目は「黒目」だと思っていたが、
イタリアでは「茶色目」に分類される。
オペレーターに「目は・・・茶色ね。」と言われた時、ちょっとびっくりした
真っ黒ではないが、どちらかといえば、黒だろう、と思っていたからだ

さらにイタリア人のほとんどが「茶色目」なんだそうだ
本当の真っ黒の「黒目」と呼ばれる人は少ない

私の旦那も「茶色目」に分類されている。

じゃあ、息子もそうかと思ったが、今の所、息子は
「真っ黒」である。太陽の下で見ても、「黒目」。
まだ小さいので、多少変わるかもしれないが。
よくイタリア人に「わー!すごい黒い目ねー」と言われる。
そんなに珍しくもないだろうと思っていたので、なんでこんなに
「黒い、黒い」と言われるのかが分からなかった

IDカードを作ってみて、初めて分かった事だった
スポンサーサイト
2007.11.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/302-174ee65c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。