上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
以前にも書いた事がありましたが、私は昔から、うどんが苦手。・・・でした。

が、同じミラノ暮らしの日本人のお友達のお家で、うどんを頂いた時から、
うどんが大好きに・・・。

この話は以前にもしましたが、今でもよくその時の事を振り返って思うのが、
「味覚というのはこんなに急に変わるものなのか?」という事。

日本に帰ってからも、試しにうどんを数回食べましたが、やっぱりおいしいですね。
たくさんおいしい物があるので、何度も食べる事はなかったのですが、
もっと食べておけばよかったなぁと。

イタリアにいるから、という理由で、懐かしさゆえに好きだと思っているのかもしれないと、
考えた事もありましたが、どうやらそうではなく、やっぱり好きになったんだと、日本に帰って食べてみて確信。

ところで、そのうどん。
うちの息子の大好物。
小さくちぎってあげてみたら、あまり離乳食の進まない子とは思えないほど、
ぱくぱくと食べる、食べる!身を乗り出して催促までされるほど。

特にうどんのお汁がお好みのようで。
関西のお汁は薄味なので、ちょうどいい感じ。

なので、うどんとうどんスープの素を買って、イタリアに持って帰ってきたのです。
うどんスープを作れない事もないけれど、時間がない時用にちょうどいいし、
なかなか薄味スープで美味なのです。

で、昨日、私の喉の調子が悪かったので、喉ごしのいいうどんを・・と思い、
作ったのですが、離乳食を食べ終えたばかりだというのに、うどんを見ると、
じーーーーっと欲しそうに。
あげてみると、やっぱりぱくぱく。

でも残念ながら、イタリアのスーパーにはうどんは売ってないんだよなあ・・・。
中華食材店には売ってあるが、家から遠いし、うどんを作るほど、料理の腕と時間もないし。
いや、時間はあるにしても、息子がいるとそれどころじゃないんですよね。

仕方がないので、今度はイタリアの離乳食用の小さなパスタをうどん汁の中に入れて
食べさせてみました。

そしたら、うどんの時のように催促するまではいかないものの、
「んー。まぁこれでもいいか」という顔をして食べておりました。

ほっ。



スポンサーサイト
2008.02.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/318-79cfbfbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。