上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
イタリアにもNHKのような、国営放送局がある。
RAI(ライ)と呼ばれる局で、3局存在する。

今の所、RAI①局、RAI②局、RAI③局の責任者は、それぞれ別になっている。

が、5月に発足した新政権がこのたび、発表した新しい法案の中に、
国営放送局RAI全局の報道責任者を、一人にする、という案が出された。

なんて事!!!
とんでもない!!

もっと他にやる事があるだろう!
例えば、大きな問題になっている、ナポリのゴミ問題。

今まで、RAI①は右派と左派、均等色、
RAI②は右派色、RAI③は左派色、に分かれていた、と言っていいだろう。

が、一人に責任を負担させる、という事は、つまり、
首相が決めた責任者一人の意向で、
国営放送すべての管理が出来てしまう、
という事。

すべての国営放送局で、右派色が強まる事は間違いない。
もちろん、ニュースの情報操作はお手の物、となるだろう。

首相にとって都合の悪いニュースは、放映できなくさせる事が可能になる。

すでに、ベルルスコーニ首相がコントロールする民放のテレビ局は3局にものぼる。
その局では、彼にとっていい情報しか流していない。

TVの力は大きい。
恐ろしい、と思う。


4月の選挙で中道右派が圧倒的に勝利してから1ヶ月。

勝利した際に、極右派の「北部同盟」(レガ・ノルド)党が発言したのは、
「まずは移民削除だ。移民に選挙権?吐き気がする。そんな話、したくもない。」
でした。

首相率いる、「市民の自由」(ポポロ・デッラ・リベルタ)党の発言は、
「首相の権限を強める法案を考えなければいけない。アメリカの様にしよう」
でした。

・・・・この国は大丈夫なんでしょうかね・・・??

正社員になれない若者の増加、ゴミ問題、物価の高騰、
急いでどうにかしなきゃならない問題を差し置いて、
こんなバカみたいな法案ばかりを考えて・・・。

移民してきた身ですけど、本気で再移民を考えた方がよさそうです。
スポンサーサイト
2008.05.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/339-fb3b8230
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。