上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は特に女性が気になる、あま~~~~いお話。

今週末はケーキのオンパレードだった。
まず金曜日が義父さんの誕生日だったので、土曜日に誕生日会。(このケーキはまた次に載せます)日曜日が母の日&恒例の祖父母宅での昼食会。(いつもケーキを焼いてくれる。)。その上、土曜日の夜はヴェローナの中心街でチーズの祭典があり、一部のスタンドで、チーズを使ったケーキもあった、という事で、義妹が、夜中にシチリアのケーキを持って帰ってきてくれたもんだから、もうケーキだらけ。でも悔しいかな、デザートの胃袋は別なもんで。痩せないわけだ。

ところで・・・イタリアのケーキ屋さんってどういうのだと思います???
日本には、たくさんドイツやフランス系のケーキ屋さんってありますよね?でもイタリア系のケーキ屋さんって見かけないと思いませんか?町で注意して見てみてください。ドイツやフランス菓子のケーキ屋は多いですけど、イタリア菓子のケーキ屋ってないに等しいんです。

実際、私が連想する、いわゆる「ケーキ屋」は、ホール型の大きなケーキを8等分にしてショーケースに入れて、各ケーキの前に名前をつけて売り出してるお店。これはドイツ・フランス系のケーキ屋さんです。

じゃあイタリアのケーキ屋さんって???そもそもイタリアの伝統的なケーキって何???
イタリアの伝統的お菓子と言えば、言わずと知れた「ティラミス」。これは本当においしい。
ティラミスはマスカルポーネという脂肪分たっぷりのチーズを使って作ります。このチーズの味と卵の新鮮さが決め手になります。これによって味もかなり変わってきます。そして、家庭によって、レシピも違う。レシピが違えば味も全然違う。ちょっとの材料の差でもかなりの差になってきます。
私は義母さんのレシピがとてもお気に入りなので、常にこのレシピで作っています。また今度紹介したいと思います。

話を戻して「ケーキ屋」さん。実はイタリアのケーキ屋さんに、ティラミスケーキを置いている所は少ない。っていうか今まで見た事がない。これだけ有名で、愛されているケーキなのに、です。どうしてだと思います?

そもそもイタリアの「ケーキ屋」さん、私や、たぶん皆さんが想像する「ケーキ屋」ではないんです。あの8等分された3角形のケーキを置いてるんじゃなくて、クッキーや、ミニミニタルト、ミニミニシュークリームなんかを、100gいくら、という感じで量り売りされてるんです。しかもどれもすごく小さい!どのケーキも手のひらにちょこんと乗せられる。一口でぱくっといただける。
味は・・・結構おいしいけど、「う~~~~~~~んすっごくおいしーーーーーーー」とは思わない。悪いが、私の義母の作ったケーキの方がはるかにおいしい。
彼女は毎週末、違った種類のケーキを作ってくれる。先々週末はミルクレープのようなケーキを作ってくれた。チョコレートソースで。写真を撮るのを忘れた・・・。残念。

スポンサーサイト
2006.05.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/35-1f86d185
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。