上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
イタリアに戻ってきました!

すごく慌しい滞在でしたが、なんとか無事に戻って来れましたし、
とっても充実した日本滞在でした。

今回は、旦那と子供+イタリア人の友人2人も一緒の大移動!

3週間ちょっとの滞在で行った場所はというと、
福岡、佐賀、長崎、東京、富士山(箱根)、宮島、京都、奈良、大阪、岡山、でした。

今回は、私もイタリアで「ジャパン・レールパス」なる物を購入!
海外に永住権を持っているか、外国人と結婚した日本人は、
それを証明すれば、購入可能 、という代物。
残念ながら、海外に駐在している日本人、には購入不可なようです。

今回私は、2週間用の物を購入。
これを持っていれば、JRで、のぞみを除く新幹線、特急、電車、
JRバス、が2週間乗り放題なのです。

2週間用は4万5千円程だったのですが、九州までの新幹線往復代と
東京までの新幹線往復代だけで、もう十分、元は取れちゃいました♪
その上、パスを持っているだけで、指定席も取れるので、
すべての新幹線と特急で指定席で移動!
福岡~佐賀、福岡~長崎間の移動も「リレーつばめ」や「かもめ」などの
特急列車を利用出来たため、時間もとっても節約出来てお得でした☆

さてさて、戻ってきてからは、というと、
また病院回りの日々。

息子が4つの科を受診しなくてはいけないのと、
私も2つの科を受診しなくてはいけないので、
バタバタ慌しい日々。

とりあえずは検診前の血液検査に。
どうしてイタリアの病院の血液検査場はいつもこんなに混んでるんだろう?
でも、幸いにも、ヴェローナの病院では、子供の採血も大人の採血も同じ場所。
それがどんなに楽だか!!

ミラノでは子供の採血は小児科でするようになっている。
でも、検査受付は大人と同じ場所で申 し込む必要があるのだ。
なので、血液検査場の受付で採血受付をしてから、
さらにまた別の受付で、順番に並んで待って、採血用のビーカー?を受け取る。
そこからさらに、病院を一周しなくちゃ行けないような遠い場所にある小児科に行って、
そこでまた待って、受付をして、やっと採血。
それで終わりではなくて、その採血したビーカーを持って、
また元の採血受付の場所に戻って、それを渡して、やっと終了。
3ヶ所のミラノの病院で血液検査をお願いしたけれど、どの病院もこのシステムでした。

一方ヴェローナの国立病院では、自分の受付番号が出る機械が置いてあって、
優先者やお年寄り、などなど、いくつかの項目がある。
たいていは、機械の前で看護士が待機していて、子供がいる事を告げると
優先者として扱いを受け、番号を渡される。すぐに順番が回ってきて、
受付してもらう。受付の横で、採血が行われるのだけれど、
受け付けてほぼすぐに、横の採血場で、もうすべて用意されていて、
採血部屋のドアの前にいる看護士さんに、ビーカーを渡されて、
どの部屋に入るかを指定され、入って採血するのみ。以上。

これがどれだけ楽か!!時間も1時間程の短縮になるのです!!

でも、ミラノと違って、結果が出るのが遅い!
ミラノは翌日か、2日後だったのが、こちらは1週間はかかる。
今回は検診ぎりぎりなので、取りに行くのも急がないといけない。
遠くの病院までまた検査結果を取りに行くのは骨が折れる。
子供連れだと移動が億劫になる。しかも寒いし!!
もうイタリアは朝、晩は気温が3℃まで下がっています。

日本にいる頃は、日中、20℃まであがってたのに、
いきなり10℃以下の世界に飛び込んだので身体に堪えます。

コタツが恋しい!!
イタリア人にもウケた、コタツ!!
持って帰りたいと絶賛されてました。
でもさすがにコタツは持って帰れないよなぁ・・・。
どこかに売ってないかしら・・・??
スポンサーサイト
2008.11.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/351-ee612cf1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。