上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
11月26日と27日は、息子の検診の日でした。
26日はミラノで持病の定期健診と、27日はヴェローナで心臓の検査でした。

産まれてすぐ、私が持っていた病気が遺伝していないかどうか調べるために、
血液検査をした所、結果がよくなかったため、精密検査のために
ミラノの大病院に入院しました。

そこで、全身の精密検査を受けたのですが、
持病以外にも、心臓、耳の検査に引っかかったのです。

もともと、私が遺伝させてしまった病気があるのに、
心臓も悪くて、耳も聞こえないってなったら、
もうどうしようかと思って、検査直後は絶望してましたが、
とりあえず、耳の検査では、右耳だけ要再検査で、
左耳は検査にパスしてるから、最悪、片耳は聞こえるんだ、と言い聞かせ、
心臓も、1ヵ月後の再検査の時に、心配ない、と言われ今まで過ごしてきました。
アメリカでは、片耳だけしか検査しないんだそうです。
検査してくれた医者が、「アメリカでだったら、彼はもう再検査は必要ないくらいなんだから」
と言われました。

まぁここ1年、ずっと見てきて、どっから見ても、
病気があるような子には見えないし、元気に走り回ってるし、
耳は明らかに「聞こえてるな」って感じだったので、
あまり心配していませんでしたが。

が、ヴェローナに引っ越してきて、新しい小児科医に見てもらった時に、
耳は問題ないけど、心臓の検査をした方がいい、と言われ、
そのため、今回の再々検査になりました。

実は息子の心臓には穴が開いているのです。

そういうとなんだかすごい病気な気がしますが、
結構たくさんの子供の心臓に穴は開いているんだそうです。
しかも99%はまったく問題ない穴らしく、年齢と共に閉じていきます。

息子の心臓の穴も、問題のない類らしく、成人する頃には閉じる可能性が高いのです。
でも18歳までは開いたままです。
それでもスポーツも皆と同じように出来るし、何の障害もないのです。

ただ、スキューバは出来ません。
成人して、穴が閉じていれば、出来るかもしれませんが、
それまでは、スキューバをする場合は、必ず医師に相談して、許可が出て、
監視の下、細心の注意を払えば、もしかすると出来るかもしれません。
でも、特にスキューバをやらせなければならない理由もないので、
やらなければいいだけです。やる場所もないし。

で、検査をした結果、やっぱり何の問題もない心臓だと言われ、ほっ。
「まぁ問題ないだろう」と思っていたので、「やっぱりね」という感じでしたが、
問題は、心臓ではなくて、アレルギー。

日本にいる間に、全身にぶつぶつのような、赤い斑点が出ていて、
まだ消えていません。すごく痒いみたいで、掻き毟るし、乾燥して、
肌もかさかさ。

心臓の検診に行ったのに、皮膚の事をいろいろいろいろ言われて、
いろんな食材を省くように指導されました。

もちろん専門科の予約はすでにしてあります。
ずいぶん前に予約したのに、皮膚科の検診は1月。アレルギー科の診察は2月。
なんでこんなに時間がかかるのか本当にうんざりしますが、
イタリアでは仕方ない事なのです。
よっぽどの急を要さない限り、順番待ちなのです。

とりあえず、かかりつけの小児科医、ミラノの病院、ヴェローナの病院で
言われた事をまとめてみた結果、
息子は完全な「アレルギー体質」(たぶん一生)で、早めに、専門の検診を受けて、
食物アレルギーに関しては、食品除去の方法、レシピを指導してもらい、
治療方法を皮膚科、アレルギー科の指示に従い行って、
検診を受けるそれまでは、クリームや痒み止めの薬を併用して、
身体を洗うのはアレルギー専用の物を使用する事、でした。

とりあえず、子牛肉を食べると強烈なアレルギー反応が全身に出るのは
分かっているので、それは完全に除去。

その他、
「今、皮膚にひどい痒みと湿疹が出ている状態だから、痒みをひどくする食品の除去」
を勧められ、その他に、牛に関する食材、「チーズ、ヨーグルト」などと、
息子の大好きな「牛乳」も省いた方がいいと指示されました。
痒みを酷くする食品には、「卵、いちご、パルミジャンチーズと年代物のチーズ、
甲殻類、チョコレート、トマト、サラミ類」などなど、でした。

・・・・一体何を食べさせればいいんでしょうか?
特に牛乳を省く、というのはちょっとかわいそうです。
今までおっぱいで育ってきて、粉ミルク、牛乳と飲んできて、
朝と晩はもらえる物だという認識が出来ているので、いきなり
「だめです」と言われて分かる子供なんていませんよね。
もちろん、専門科の指示はまだ受けていないので、
勝手にいろいろ除去するのもどうかと思うので、とりあえず、小児科医と病院で
共通して言われた通り、痒みを酷くする食品と牛肉を省いて、様子を見ようかと。

身体を洗う専用の石鹸、というかオイル、は、手のひらサイズの容器に
入った物が1500円もします。

アレルギーも私が持っている病気です。
なんでこんなやっかいな病気ばかり遺伝しちゃったのかなー?
でも遺伝しちゃった物は仕方ありません。
末永く折り合いをつけてやっていくしかないのです。
スポンサーサイト
2008.12.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/354-56085995
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。