上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年は寒い冬になるだろう、と予想はしていたものの、
・・・・・寒すぎっ!!!です。

なかなか雪が積もらないヴェローナに、
元旦早々、雪が積もったかと思えば、
その雪が溶ける間もなく、また雪が!

元旦から続いた零下が、さらに厳しくなって、
数日前にはマイナス9度を記録、
日中でもマイナス5度の寒さ。
朝晩はマイナス10度近くにはなっているのでしょう。

イタリア各地で寒波が押し寄せていて、
ヴェネツィアの運河やリグリア湾でも海が凍って、
幻想的な姿に変化しているとのニュースが・・・。

ミラノではクリスマスから続いたバカンスが明けた7日、
大雪の影響で電車、トラム、バス、全てがストップ、
もしくは何時間もの遅れが・・・・。
動かなくて仕事にいけない人が続出。道路は大渋滞。
もちろん各空港も飛行機の欠航が続出。
大変な事になっていました。

そこで「さすがイタリア!」と言われんばかりのニュースが!
そのニュースに映し出されたのが南極。
なぜ南極か?

イタリア的発想といいますか・・・。
「この世界的な寒波のおかげで、ここ30年あまりの温暖化による影響で溶けた氷が
全て元通り!もう心配はいらない!」と言うではありませんか!

・・・・そんなわけあるかーーーー!!
思わず旦那と吹き出してしまいました。

もちろん、今年の寒波で海は例年よりは凍ったかもしれません。
私は専門化ではないのでそこまで詳しくは分かりませんが、
でも、今まで散々排気ガスを大量に排出して、
何十年にも渡って地球を汚染しているのに、
たった数日の寒波で全て元通り?!

それは都合がよすぎる解釈ではありませんか???
学術的にどういう数値で今まで溶けた氷の量と、
今回の寒波で凍った氷の量を比較して・・・
とかそんな事は全くないわけで・・・・。


まぁ南極の氷も元通りと放映されるほど、寒いって事ですね。
実際、寒すぎて、家から出る気になりません。
たくさんの人が風邪、インフルエンザにかかっているらしいし、
息子も咳が少し。私も鼻風邪がひどい。

数日前、フェラーラに観光に出かけましたが、
寒くて寒くて、観光どころか、「喫茶店、喫茶店!何か暖かい物が飲みたい!」
「身体が冷えてトイレが近い・・・」となかなか観光を楽しめない・・・。

イタリアは公衆トイレが日本に比べて圧倒的に少ない、
というか、ないに等しい、ので、冬の観光は、トイレ探しに苦労するのです。
喫茶店に入るしか仕方ない。
デパートに入ればありますが、中心街でデパートや大型スーパーが
立ち並ぶ、という町は少ないのがイタリアの特徴。
ミラノのようなショッピング中心の町は別ですが、
町自体が世界遺産や国宝なんかになっている町が多いので、
あまり景観をそこなうような、大型スーパーやデパートは建てられない、
という理由もあるのかもしれません。
建築法や、建物の屋根の色やら、細かく市の条例で定められている事が多いのです。

そんなこんなで、今年の冬は、数年ぶりの寒波に襲われている北イタリアですので、
私も、息子と丸くなって家にいる予定・・・・のはずが、
新年早々、いろいろと出かける予定が入って、
こんな寒い中、なぜかあっちに行き、こっちに行き、とバタバタ・・・。

予定は未定、とはこの事ですね。


スポンサーサイト
2009.01.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/361-62c074b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。