上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
北イタリアの今年の冬は、雨、雨、雨、雪、雨、雨、雨・・・・。

まだイタリアに来る前、旦那とメールでやり取りをしている頃、
よく旦那が、「今日は1週間ぶりに太陽の光がさしてる!よかった!」とか、
「やっと晴れた!うれしい!」とか書いてきていた。
でも、私にはいまいち、その感動が分からなかった。
日本では、雨が降ってても、明るい事だってあるし、
曇りでも明るい事がよくある。そこまで「あー真っ暗」っていう感覚を
味わった事がなかったからかもしれない。

梅雨の時期は、たしかにジメジメして、ずっと雨だけど、
「ずっと真っ暗」と、あまり感じた事がない。

でも、イタリアに来て、旦那が「うれしい!」と
書かずにはいられなかった感覚が分かった。

本当に、暗い!どよーーーーーーーーーーん。としてる。

今年の冬は、本当に雨がよく降る。
朝、「お!今日はちょっと太陽が顔見せてる」と思っても、
次の瞬間、どばーーーーっと雨が・・・・。

今週は、水曜と土曜の2・3時間、いい天気だっただけ。
今日、日曜日は一日いい天気だろうか?朝はずっと天気がいい。
っと言っても、快晴ではなくて、「まぁ・・晴れ、だね」という感じ。

水曜と土曜の数時間は、気温も10度くらいまであがったので、
久しぶりに、息子を公園に連れて行った。

そりゃあもうおおはしゃぎ。目をキラキラさせて、遊具に一直線。
去年の夏、まだ1歳になりたての頃、公園で遊ばせても、滑り台は怖くて
あまり滑ろうとはしなかったけど、半年経った今、滑り台が彼のお気に入りに。

何度も何度も、滑っては登って、滑っては登って、の繰り返し。
いつも家の中でこもって、遊ばせてたから、
外で遊べるのがうれしくて仕方ないんでしょう。

私が子供の頃はブランコが一番のお気に入りだったけど、
皆は何がお気に入りの遊具でしたか??

雨で地面はドロドロだったけど、遊具はそこまで濡れてなかったのが幸いでした。

土曜はパパも一緒に公園へ。
息子はそりゃあうれしそうで、パパの手を一生懸命引いて、遊びまわってました。

水曜来た時には咲いてなかった、「雪の花」のつぼみがたくさん!

parco

↑の写真の花、イタリアでは、通称、Bucca Neveと呼ばれ、訳すと「雪の穴」になります。
つまり、雪の中からひょっこり穴をあけて顔を出す、冬の終わりを告げる花。
そのため、こう呼ばれているのです。                                                                                                                                                                                                                                                                  

その花のつぼみがたくさん!!
ちょっと摘んで帰ってきてコーヒーカップに入れて飾ってみました。

うちには花を買って楽しむ余裕がないので、花瓶もありません。
でも、野草でも、緑がちょっとあるだけで、うれしい気持ちになれました。


スポンサーサイト
2009.02.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/369-0efee845
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。