上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4月5日、毎年恒例の「ヴィニタリー」に行ってきました。

Vinitaly、毎年、パスクワ(イースター・復活祭)の前に、
ヴェローナの展示会場で行われるワインの祭典の事。

世界一の規模を誇る、ヴェローナのワイン祭典です。
実際、世界各国からたくさんの人が集まってきて、
この時期の、ヴェローナのホテルは、どこも満室状態になります。
予約はとっても難しいのです。

私は毎年、義父の仕事の関係で、このヴィニタリーのチケットが
タダで手に入るので、あまりワインに詳しくない私ですが、
行かせてもらっているのです。

ヴィニタリーの入場料は毎年値上がりしていて、
今年は6000円ほどになっているようです。

その代わり、入場してしまえば、ワインは飲み放題。

建物ごとに、イタリアの州が振り分けられていて、
その建物の中に、ずらーーーーーっと何千という小さなブースが
並んでいるのです。合同就職説明会みたいな感じ?

たくさんのワイン場が、宣伝のためにブースを借りて、
客に試飲させるのです。
主な狙いは、もちろんレストラン関係の人や、
ワインの輸入を手がけている人などに試飲させて、契約を結ぶ事。

なので、ワイン場からすれば、
ただ単にワインを楽しみに来た、私たちのような客は、
「出来ればお断りしたい客」なんですけど、
あまり邪険にすると評判も下がるし、なんていう懸念もあるのか、
半分くらいのワイン場は、まぁそこそこの対応をしてくれます。

有名なワインが多い、ここ、ヴェネト州と、トスカーナ州、
イタリアの最南端州、シチリア州は人気があるので、
いつも建物内は人でいっぱい!!

でも、今年は不況と入場料の値上がりがあって、
例年より客足がずいぶん遠のいた感がありました。


ビニタリー

写真は息子が「ワイン一杯!」と注文してる構図。
ちゃっかりバーのカウンターに座って、一丁前にオーダーしてます。
渡されたのは水が入ったペットボトルでしたけどね!!

ビニタリー

スポンサーサイト
2009.04.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/382-1a26b9b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。