上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2ヶ月ほど前ですが、
ヴェローナにある、シグルタ庭園という所に行ってきました。

sigurta

sigurta


手入れされた芝生、様々な花が賑わす広い庭園、
入場料は高くて1500円くらいするのですが、
友人がタダ券を3枚手に入れたので、
4人+息子で行ってきました。


sigurta

sigurta

チューリップの見ごろがちょっと過ぎてしまって、
もう花びらが落ちかけているのがほとんどでしたけど、
なかなかきれいでした。

sigurta

息子は動物が大好きで、特に、猫とうまがお気に入り。


うまは、うちから200mほどの所に馬小屋があって、
毎日、仕事から帰ってきたパパと自転車で馬を見に行くのがお決まり。

猫は、私が猫アレルギーだという事が確定したので、一生飼えませんが、
うちの家の前の住人が、猫を残していったので、うちのアパートの玄関前には
いつも猫がいる。っていうか住んでいる。
えさは下の住人(猫3匹の飼い主)があげている。
そう頼まれたそうだ。かわいそうな猫さん。
でも息子は猫を見るたびに「ニャーニャー。(日本語)マウマウ。(イタリア語)」
といいながら、ずーっと猫を撫でている。抱きついてキスしようとまでする。
私が引き離すまでずーっと見つめている。

その猫は、おとなしい猫だけど、昔、祖父母の家で、
私の妹が、猫を撫でていると、それまで機嫌よく撫でられていた猫に、
いきなり引っかかれて、目の周辺を怪我した時から、私はどうも猫が苦手なようだ。
私が怪我したわけじゃなかったけど、真横で現場を目撃して、
痛みに号泣していた妹を、今でも鮮明に覚えている。場所も場面も状況も。
私はどうしたらいいか分からなくておろおろしていた。
妹の目が見えなくなるんじゃないかとも思った。

「目、見えなくなるん?」
母親は笑って「それはない、怪我も大した事ない」と言ったけれど、
あれから猫が好きではなくなった。

でも旦那は猫派。息子も猫派です。
どっちにしろ、アレルギーがあるのでうちでは飼えませんが。


庭園には、ミニ牧場みたいな場所もあって、
変わった種類の鶏?とか、生まれて数週間の小鹿とか、
ポニーもいました。馬が好きな薫は、ポニーにも興味を示してました。


sigurta

sigurta

sigurta

将来、馬を飼って!と言われないかとちょっと不安・・・。
スポンサーサイト
2009.06.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/388-b181a327
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。