上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日の日曜日、旦那とミラノの北にある、コモ湖に行ってきました!素晴らしい場所でした!湖の透明度は低いですが、景色が何といっても素敵だし、ぜひ私がお勧めしたい観光スポットの一つとなりました。

lago di como1ここがコモ湖。
駅を出てすぐの景色です。


先週末、久しぶりにヴェローナには戻らず、ミラノで過ごす事に。土曜日は曇り空。朝にデパートで買い物を済ませ、昼からはミラノ郊外にある大型家庭用品店「IKEA」に買い物へ。「IKEA」は家庭用品を安く売っている、デパートのようなもので、うちからは1時間半もかかります。でもずっと行ってみたかったので、時間をかけても行ってみる事に。でも・・・意外と話に聞いていたより、お目当ての物も見つからず、値段も思ったほど安くない。ちょっぴり不満足なまま一日を買い物で終えて、次の日の日曜日。

とってもいい天気に恵まれ、私達は朝10時に自宅を出発。
うちからコモ湖までは電車を乗り継いで70分前後。往復代金は700円ほどです。

コモ湖は、ミラノ近郊のコモ県にある湖で、イタリアで3番目に大きい淡水湖。(一番大きい湖は、ヴェローナにあるガルダ湖で、これはヨーロッパ最大の淡水湖です。)
コモ湖の面積は146 km²、最大水深 410 m、水面の標高 199 mとなっています。
コモ湖の形は逆Y字型。漢字の「人」を縦長にした感じですね!私は電車でコモ湖まで行ったのですが、終点が「Como Lago」駅。そこを降りれば目の前にコモ湖が広がっています。

「Como Lago」駅がある場所は、コモ湖が枝分かれした、左端の一番下。漢字の「人」で言えば、第一画目の終わり部分です。

でももちろん湖と言ってもイタリア3番目の大きさ。かなり大きいので、徒歩や自転車では、全部を一日で見回る事は不可能です。大型観光船は約7ユーロ半で乗れます。小型飛行場もあって、コモ湖上空を飛行観光する事も可能です。インフォメーションに行って聞いてみた所、最短飛行距離約30分コースは、2人で150ユーロだそうです。天候に左右されますが、お勧めの観光方法です。ちょっと値段が張りますけどねー。私はぜひ乗ってみたいですねー!
旦那におねだりしてみると、「結婚10周年を迎えられたらそのお祝いに乗せてあげてもいいけどね」とそっけなくあしらわれました・・・。

lago di como5これがその遊覧飛行機。本当に小さい小型飛行機なんでパイロットを含め3人しか乗れません。
実質2人乗り、というわけです。
土日は予約でいっぱいなんだとか。人気なんですねー!
私も乗ってみたい!!


lago di como4ここに遊覧飛行機が発着するんです。バックの景色もすでに素敵ですが、
空からのコモ湖も素敵だと思います。(←あくまで私の想像。)



続きにたっぷりとコモ湖の写真を載せています。ぜひぜひ見てください!ただ・・・朝慌てて出発したので、旦那がメモリーカードを忘れて、カメラ本体に保存したので、あまり画像はよくないのですが。

Lago di Como駅周辺の景色。
写真をクリックすると拡大写真が見れます。

lago di como2lago di como3lago di como6


lago di como7こんな所に別荘を持てる人がどれだけお金持ちが分かります?ちなみにジョージ・クルーニはコモ湖に別荘を3つ持ってます・・・


lago di como8この景色の前で一休み。ここまで来るのに1時間。
でも駅はすぐ斜め反対側に見えるんです。
それだけコモ湖が大きいって事ですね!


lago di como9これは数百年前に建てられた建物で、修復されています。残念ながら一般客は中には入れません。


lago di como10この建物も何百年と前に作られています。
私の旦那はコモ湖にもっとこういう古い建物があれば、
もっと好きになったのに、とぼやいていました。


これはコモ市の中心にある、ドゥオーモ。
あいにく閉まっていて、中に入る事は出来ませんでした。
でも写真の通り、外観は素晴らしく、存在感ある教会です。

lago di como11lago di como12lago di como13

スポンサーサイト
2006.05.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/39-51cd4ec8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。