上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
何週間か前の週末。
とっても天気がいい日曜日。
っていうか暑い日曜日。17時半の時点で33度はゆうにありました。

朝、7年ぶりの歌のレッスンを終え、気分ルンルンで帰ってきた私。
家にいるのは暑いし、どこかに行きたい!という事で、
山へハイキングに行く事にした私達。

出発して30分、坂道をずーーーーっと上っていく車。
突然、トゥトゥン、トゥトゥンと音を立てたかと思うと、坂道の途中で
エンジンがかからなくなり・・・・。

坂道の急カーブ部分。それなのに後続車はビュンビュン飛ばしてくる箇所。
後続車にはクラクション鳴らされるし、罵声は飛ばされるし、
でもエンジンはいっこうにかからない・・・・。

去年の9月に買ったばかりの新車。
まだ1年もたってません。

イタリア・フィアット社の「パンダ」という車で、大衆車。
日本で言うなら、カローラみたいな感じでしょうか?
形は、ムーブやワゴンRみたいなボックスカーなんだけど、
パンダは軽ではなくて普通車。

あと、今流行りのエコカーです。
エコと言っても、電気とかではなくて、うちのはメタンガスで動きます。
ガソリンとメタンガスの併用可能車で、
メタンガスは液体ではなくて、気体です。
そのため、液体と比べて、危険度が低いのが特徴。
値段もガソリンの3分の1以下。安いです。
GPLはもっと安いですが、液体なので、
車庫に駐車出来ない、という難点があります。
屋外、または密室にならない、屋根だけのような車庫、に駐車しないといけません。
(そういう法律らしい。実際、どれだけ守られているかは不明ですが。)

ただ、イタリア国外ではメタンガスは使用されていません。
なのでメタンガススタンドがないので、国外でガスが足りなくなった場合は、
ガソリンに自動的に切り替わります。
イタリア国内でも、スタンドがまだあまり普及されていないのが、メタンガスの難点。

でもメタンガスは安いし、パンダは燃費もいいので、
なかなか気に入っていたんです。

苦労して、苦労して、ちょっとずつ貯金して、やっと手にした念願の車。

でも!坂道のカーブ部分でいきなり止まるなんていただけない話!!
せっかく山にハイキングに行こうと思ってたのに!!
っていうか買って一年以内に故障するってどうよ?

息子もいるし、困ったなぁ・・・。
車の中で熱中症になったりでもしたら困る!
でも炎天下の車外、危険な道路脇に出るのも・・・・。

っと思っていると、不幸中の幸い!
すぐ近くに喫茶店があって、
そこにいた人達や従業員が出てきてくれて、
いろいろ世話を焼いてくれて・・・。

とりあえず急カーブで停車するのは危ないから、
皆で車を押して、車を端に寄せる。
その後、従業員の一人が、たまたま近くにある、
JAFみたいな会社、故障車を運んでくれる会社の名刺を持っていて、
私達にくれました。

何度か試して、まったくエンジンがかからないのを確認すると、
旦那がその会社に電話して、車を運んでくれるよう依頼。
その次に、私達を家まで運んでくれる人を探す。
旦那の両親はクロアチアにいて、いなかったので、妹に電話。
「テストが近いから無理。おじさんに電話したら?」と足蹴にされ、
伯父さん夫婦に電話すると、すっ飛んできてくれました。
えらい違い・・・。

それにしても・・・・。
1年以内に故障するとは思わなかった・・・。
安心しきってた・・・・。

今まで生きてきた中で、運転中も、乗車中も、
車が止まって動かないっていう経験をした事がなかった私。

以前の車は20年、旦那のおじいちゃん、おかあさん、そして旦那が使ってたけど、
私が乗ってる時に止まってまったく動かなくなるって事はなかったんだけど・・・・。

さすがに、購入後1年以内の故障なので、
無償修理でしたが、これがもし、6月にバカンスで行ったクロアチアで起こってたら・・・。
もし、全然民家も、喫茶店もなにもない坂道で止まってたら・・・。
そう思うと、今回は、助けてくれた人もいたし、
不幸中の幸い、でしょうか?

すばらしい午後でした。
スポンサーサイト
2009.07.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/396-901cea8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。