上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今、ローマで世界水泳が行われているのはご存知ですよね?
皆さん、見てます??

シンクロでは、お家芸と謳われたほど、日本は強かったのですが、
世界水泳、五輪通して、初めて、メダルなし、という屈辱を味わっています。

私は、北京五輪から、今まで見た事がなかった、3m板飛び込み女子、
これが旬。日本人選手は決勝に残る事はあまりありませんが、
私のお目当ては、中国の郭晶晶選手。グオ・ジンジンと日本語では発音するそうですが。
彼女の演技は本当に素晴らしくて、解説者も、
「間違う事なんてありえない」「文句をつけようにもつける所が見当たらない」
と絶賛の嵐。彼女が飛び込もうとすると、
「そら!金の飛び込みだ」と、演技を終える前から叫ぶ叫ぶ。

分かりやすいイタリア陣営ひいきの解説ばかりの中で、
こういう他国選手を絶賛する解説は極めて少ないので、
それも面白い。

まぁそれくらい安定した演技で、他の選手を全く寄せ付けない圧勝ぶり。
加えて、とても美人で、クールなのにプールに対しては真摯な態度。
演技を終えると一回一回、プールに向かってお辞儀。
こんな映像もいつも流されて、あまり愛想がよくないっというか、
笑顔をあちこち振りまいたり出来ない性格の彼女でも、
海外でも受け入れられている様子。

愛想がない、常にトップ、圧勝のアスリートって世界では
「お高く留まってる」とかなんとか言われて、嫌われる傾向にあると思うんですけど、
彼女はイタリアでは少なくとも、嫌われてないようです。

イタリアでは、同飛び込みで、絶大な人気を誇る、
タニア選手がいます。今回、銅メダルを獲得しました。
なので、余計に、中国選手に勝てない悔しさから、
いろいろ言われるかと思いましたけど、「彼女(グォ・ジンジン)は別格だからほっときましょう」
「せめて銅!いや、銀 を目指しましょう」とか、ほとんど競技を始める前からそんな感じ。

タニア選手は昌昌選手と違って、愛想がいい、かわいらしいタイプの選手。
今回、世界選手権で初めてメダルを手にしたと思われます。
感激して涙をぽろぽろ流してました。
お父さんがコーチで、元飛び込み選手。
お父さんがこれまた渋くてかっこいい!


っと、こんな事を書きたかったのではなくて、
このローマ水泳に関連して、呆れるような事がローマで起こっているので、
それを記事にしたかったのです。


ローマ水泳のおかげで、ローマは観光客もさらに増えて、
あちこちで経済効果を生んでいます。

が、それに便乗して、ぼったくるレストランやお店、タクシーが続出。
それも日本人ばかりを狙っての犯行。
ぼったくる額も半端じゃない。
倍にする、とかの範囲じゃないのです。

最近、ローマの老舗レストランが、日本人カップルに、
昼食2人分、10万円ほど請求して、彼らが支払った後、警察に通報したので、
そのお店は強制閉鎖をされました。
でも、今まで、日本人に同じ額を請求してきて、
文句を言われた事も、通報された事がなかったので、
繰り返しぼったくりを行ってたわけですね。
やっと勇気を出して警察に言う日本人が出て、閉鎖に追い込んだわけですが・・・。

メニューを見て見ると、ごくごく普通の昼食メニューで、
ヴェローナの中心街でも、2000円~3000円出せば、このくらいのメニューは食べれます。

が、この店、老舗と謳っては、昼食代に7万、
サービス料に3万ほども請求してたとか。
ありえない・・・・。

いえいえ、ローマのレストランはここだけじゃありませんから。

あちこちでこういう被害が続出。

「日本人は文句を言わない」
「日本人はおとなしい」
というのは周知の事実。そうでない人ももちろんいますが、
請求額にいきなり文句をつけられる日本人観光客ってそういないのです。

で、ぼったくられる。
すられる。

そして、先日、新聞に載ったニュース。

「日本人、ローマから逃げ出す」


・・・・・逃げろ、逃げろ!
そう思いましたね、私。


あまりのぼったくりのひどさに、日本人は嫌気をさして、
ローマからそそくさと逃げ出している、日本人観光客が減っている、
との報道。

朝日新聞にも、ローマのタクシーに気をつけるよう促す記事が乗ったそうですが、
そこで、それに反論して、イタリア政府の官僚が日本人に向けて声明を発表。

「日本人の皆さん、戻ってきてください。ローマは安全です」

3ヶ国語、イタリア語、英語、スペイン語で。
(フランス語だったかも?)

・・・・なんでスペイン語よ?
なんでそうなるの?

日本人に向けた声明なら、せめて日本語で訳す努力くらいしたらどうなの?
観光客を呼び戻したいならなおさら。
翻訳のお金がかかりすぎる?面倒くさい?
ローマに日本人なんて山のようにいるでしょう。
誰かに1行文くらい訳してもらうくらいできたでしょうに。

しかも、これだけの被害が出てるにもかかわらず、
謝罪は一切なしやし。
そんな事実はない、とでも言いたげ。

ここに来てからすぐに口をついて出てきてしまうようになった言葉。
「さすがイタリア・・・」


あ--------。なんだかイタリアに住んでる事が恥ずかしくなってきます。

そりゃあ、こういう世界的な大会があれば、
軽犯罪が多発するのは世界どこに行ってもそうでしょう。
でも、明らかに日本人を狙って、しかも破格の値段を突きつける。
許せない行為ですよね。

日本人が、もっと勇気を出して、毅然として、
「こんな額払えません。警察を呼んでください」
って言えるようになりたいですよね。
スポンサーサイト
2009.07.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/400-f4208b2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。