上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、旦那と夕食の席で、「知的」についての話になりました。

「知的」というとなんか響きがすごい感じがしますが、
要は、「頭がいい」「知識が豊富」な人について話し合ったわけです。

いうなれば、「雑学王」??

で、ここで、唐突に、皆さんに質問。

この中で、アメリカ大陸を世界で始めて発見した人の名前を言える人は、
何人かいるとは思いますが、
じゃあ、その人が、何年に、アメリカを発見したか、言えますか?正確に。

ベルリンの壁、崩壊の年は?

ソ連崩壊の年は?


世界史が苦手ですか?

それでは次。日本が鎖国を長い間してたのは知ってますよね?
で、黒船が来航して、開国を迫られて・・・っていうのも有名なお話ですよね?
じゃあ黒船が来航した年は何年ですか?それも正確に言えますか?

開国を迫られて、江戸幕府が、開国要求に調印をして、
江戸幕府が滅亡、明治時代の始まり、これ、何年か言えます?

きっと、正確に、一年の間違いもなく言える人は
少ないのではないかと思います。


なんでこんな事を聞いてるのかというと、旦那が、
アメリカ大陸発見の年は、「イタリアで普通に義務教育を受けて、それなりの成績なら、
誰でも答えられる質問だ」

「ベルリンの壁崩壊なんて、小学生でも言える」

と豪語。おまけに、

「世界が変わる、重要な転機の年、例えばアメリカ発見、フランス革命、ベルリンの壁、
そういう年は、歴史上最重要事項として記録されるから、最初に覚える年だ」

っと。
確かにそうですけど。

でも、それで「博学」かどうかを測る目安にするのはどうなの?と思ったんです。

っと言うと、旦那が、
「確かにそうだけど、でも、こんな重要な年が言えないのに、
他の歴史上の出来事が何年に起こったか、次々答えられる方が珍しい」
と言う。

さらにさらに、
「こういう知識は、特に生活上、役に立つ情報ではないかもしれないけど、
自分の知識を豊富にする上では一つの要素だと思う。
博学、ってのはそういう事だろう?ただ単にテストの点がいいとかじゃなくて。」

いや・・・そりゃそうなんだけどさー。

年代を当てるだけで「知識」を測られてもなーっと納得できない私。


私も、黒船来航、徳川幕府滅亡の年は言えなかったけど、
(旦那は言えた。なんか・・・ショック)
タイタニック号沈没の年は、何年何月何日まで正確に言えるもん!!!

そしたら旦那、「そんなん歴史上重要事項じゃない」と。

重要度で覚えてる年代を言い当てるだけなら、
学校の勉強と変わらないやん!
「博学」ってのはそうじゃないってさっき言ってたばっかりやのに!

なんか納得できない私。

中学、高校では、世界史は数学の次に苦手科目だった私。
なんせカタカナばっかりの外国人の名前が覚えられなくて・・・。
(なのになんで今、外国にいるんだろう?)

で、日本史は逆に常に上位に位置できるくらい得意科目でした。
大好きで、考古学学科に進むか、音大に進むか迷った程。
それなのに、今やその面影なし・・・・。

イタリア人の旦那の方が圧倒的に詳しい。

でも確かに、勉強が出来なくても、アメリカ大陸発見の年くらいは言える!
っていうイタリア人は、日本人よりも多いと思う。

なんでかなぁ???
スポンサーサイト
2009.09.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/411-1c694316
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。