上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
6月2日(水)は、こちらイタリアは祝日でした。

旦那は有給がまだかなり余っていて、会社から「もっと休暇を取れ」と
言われている事もあって、木・金曜日と休みを取ってもらい、
水曜~金曜日まで、家族三人でウンブリア州に行ってきました。
2泊3日の旅ですが、家族揃って日本かクロアチア以外に旅行するのは・・・・
いつぶり?初めて?ってなくらい、久しぶりです。

日本に帰るだけですごーーーい出費になるので、
遠出をするのはなかなかうちでは厳しいのです。
日帰りなら行けるんですけど・・・。

去年は日本に帰らなかったので、ちょっとだけ贅沢をして、
B&Bに泊まってウンブリア州を満喫してきました。

ウンブリア州の州都はペルージャ。
私が初めてペルージャという名前を聞いたのは、
たぶん、サッカーの中田選手が初めてイタリアでプレーした都市がペルージャだったので、
そこでペルージャという町を知ったように思います。

ローマの北150kmくらいの所でしょうか?
ヴェローナからは車で4時間程かかる場所にあります。

今日は初日に行った、アッシジの町をご紹介。

アッシジは町自体が世界遺産に登録されています。
とっても素敵な町!丘の上に薄茶色の建物が並んでいて、
なんとも可愛らしい感じ。

ヴェローナの赤茶色の町並みとはまた違った雰囲気で素敵です。

ここアッシジは聖フランチェスコの聖地としても有名です。

イタリアには毎日、365日、聖人の名前がつけられていて、
各市、各都市、各県、各州、にそれぞれ聖人の日があります。
この前、ヴェローナ市の聖人の日、「サン・ゼーノ」の日がありましたが、
この日、ヴェローナ市で働く人はたくさんの人が休みでした。

そしてアッシジのサン・フランチェスコは、「イタリア共和国の聖人」でもあるのです。
つまり、国の聖人。

それほど、国、人々から崇められている、聖人の中の聖人、というわけですね。

いまでも聖フランチェスコを題材にしたドラマやドキュメンタリーが
TVで放映されています。

そんなかの有名な聖フランチェスコ教会を有する町、アッシジ。
どんなところか、一度は訪れてみたいと思っていましたが、
期待に相応しい、素晴らしい町並みでした。

こちら↓がアッシジの町並み。

assisi


assisi
壁画

こういう何十世紀も前の物が、普通に街中に残されていて、
壁に触ろうと思えば触れる距離で、遺産を目の当たりに出来る。
これは本当にすごい事に思います。

日本だと、歴史的世界遺産は、風化や人の手による破壊などなどから守るため、
特にこういう壁画などは、博物館などに移動され、厳重に保管されて、複製を見せたり、
何重ものバリケード越しに見る、なんていうのが当たり前みたいな感じになってますけど、
イタリアはあちこちで世界遺産に気軽に出会える、というか・・・。

風化して、あちこちが剥げてたり、欠けていたり、でも、それで当たり前、それが自然の流れなのだ、
それでこそ「遺産」なのだ、と言わんばかりに、ふっとそのへんで出くわす。
本当に歴史を身近に感じられる、イタリアはそういう国なのです。

こういう壁画が、街中を歩いていて、ふと横を向くと当たり前のようにある・・・。
その事実が、イタリアに魅せられ、私がいまだここに居座っている理由の一つかもしれませんね。


assisi


assisi
路地
assisi


assisi
フランチェスコ教会

こちらが先ほどから話題にしている、聖フランチェスコ教会です。
内部は結構広いです。ただ、写真撮影は禁止されているため、内部の写真がないのが残念ですが・・・。

assisi
お城から眺めたアッシジの町並み


アッシジはとても気に入りました。
が!!さすがに丘の上の要塞、といわんばかりに、アップダウンが厳しい・・・・。
かなり急な坂を上ったり下りたり・・・・。
冬の間、冬眠していた私にはかなりきつく・・・・。
おまけに天気も微妙で、雨が降ったりやんだり・・・。
初日は日中30度近くあったのに、2日目の朝は15度まで下がる、温度差。

体力がついていかず、急な運動?のせいで、喘息を悪化させてしまい・・。いやはや・・・。
なんとも情けない。
前日の喘息科の検診で、「要注意。今年は花粉がすごいから、薬の量を増やさないと、あなた、もちませんよ」
と言われたばかりでしたが、まさか坂道を上り下りしただけでこのざまとは・・・。
もうちょっと体力つけていかないと・・・。

2日目はなんとか持ちこたえましたが、3日目は喘息に微熱も加わってギブアップ。
予定よりちょっと早めに帰ってきましたが、それでもとても楽しい3日間でした。

次は2日目に訪れた、「スポレート」の町をご紹介したいと思います。
スポンサーサイト
2010.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/437-9c98cba0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。