上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
火曜日から息子が幼稚園に復帰しています。

以前にも話した通り、うちの幼稚園は、5日以上休むと、幼稚園復帰には医師の診断書が必要になります。
それがないと入らせてもらえないのが原則です。

うちの息子のホームドクター(小児科医)は、朝8時~10時の間に、その日の診察予約を受け付けます。
そして、普段は午後から診察。昼14時から17時までが診察時間となっています。

が、もちろん冬になると患者は増えるので、どうしても診察が必要な場合は18時までやってくれるようです。

ただ診断書や薬の処方箋だけが必要な場合でも、必ず朝電話して、予約を取り付けてからでないと、
診療所に行ってはいけない、と言われています。
結構神経質な先生なのです。イタリア人らしくなく超寡黙で、時間には正確に!と診療所のあちこちに張り紙をしてるし、ちょっと子供が机を叩いて音を出そうもんなら「やめなさい!」とぴしゃっと言われるし、子供に対しても、にこりとも微笑まないので、子供も私もびくびくです。(苦笑)

それはさておき、そういうわけで、息子が気管支炎から解放されて、元気になっても、
必ずホームドクターに朝一に電話をかけて、午後の予約を取り付ける必要がありました。

火曜日の朝、小児科医に電話をすると、「じゃあ9時5分前に来なさい」と言われてびっくり!
え~!今から診察してくれるのか!と。朝9時からまさか診察してもらえると思ってなかったので、大慌て。
万が一、幼稚園復帰がOKになれば、そのまま学校に連れて行けるので、学校に持っていく物の準備もしないといけないし、息子を着替えさせて準備させて・・・とばたばた。


ホームドクターによって、診療時間や、予約方法などは違うので、
働いている人にとっては、自分の自由時間に開けてくれている先生を探すのも重要なわけです。
いい先生を探すのも難しいし、そういう先生は、各医師が面倒を見れる制限人数を、大きく超える人が自分の患者として登録されてあるし、さらに小児科医ともなればもっと大変。
小児科医は少ない上に、いい先生は制限人数をそれこそ200人くらい上回って登録されてあるので、新規は受けつけてなかったりするのです。
すでに登録されてある子供の兄弟や、産まれたてで、一度も他の小児科医に登録してない赤ちゃんは、認められたりするようですが・・・。

うちの子は、すでに3回も小児科医が変わっています。1年に一回ペースですね。
生まれてから引越しばかりでしたし、また今月には引っ越します。

医師としての能力も、子供に対する接し方としても、素晴らしい!と思っていたのが、
息子が一番初めに見てもらっていたミラノの小児科医でした。

的確な指示、分かりやすくて丁寧な説明、緊急時はすぐに応対してくれるスムーズさ、
どれを取っても文句の付け所がありませんでした。
後々に知ったのですが、ミラノ郊外の小さな町の普通の小児科医と思っていたら、
実はミラノで一番有名な私立大学の小児科専門の教授だったそうで・・・。

なんでそんな人がこんなところに?と思いましたが、その後すぐに引越ししてしまったので、
残念ながら、泣く泣く医師を変える事に。

毎回、小児科医の診療時間や、予約方法に慣れるのに時間がかかりますが、
完全予約制の先生になってからは、私にとっては結構よかったです。
以前までは、待ち時間が長くて、嫌だったのですが、完全予約になってからは、
待つ事は一切なくなり、5分ですべてが終わるのです。
これはありがたい。

でもこの先生の医師としての能力はちょっと微妙ですので、このまま、引っ越してからも、
この先生でいくか、変えるか、悩みどころなんですが、
とりあえず、引っ越してから、周りのクチコミを聞いて、
評判がいい先生がいれば変えようかなと思っています。

こういう時、おしゃべり好き、好奇心旺盛なイタリア人は、
ちょっと聞くと、あれこれ聞いてないことまで付け加えて、いろいろ教えてくれたりするので、彼らの情報網は侮れません。
「え~?それって本当?超主観が入ってる意見だけど?」というのが多かったりしますけどね。
スポンサーサイト
2011.02.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/461-4ee44e21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。