上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
旦那に「アルコール中毒の人が言う事と同じ事言ってるよ」と言われたのが数日前。

日本から、頑張って重たい重たい梅酒瓶を持って帰ってきて2週間。
一瞬で黒糖梅酒は、消えてなくなりました。

2週間も持たなかったかもしれません。

初めは梅酒が大好きなイタリア人の友人二人に、
父が持たせてくれた「黒糖梅酒」をお土産として持って帰ってきたので、
半分以上は私と旦那と計4人で飲みましたが、ほんのちょっと残った分は私がちょっとずつ、ちょっとずつ、
おちょこ2杯くらいの量を毎晩飲んでいき、最終的には一人で飲み干してしまいました。

おちょこ2杯でも、お酒に弱い私はすぐ酔っ払います。
が、2日目からはほろ酔い気分で、3日目からは、顔は赤くなるものの、比較的意識はしっかり。
慣れてきた4日目でもう梅酒はなくなりましたが、
お酒をおいしいと思って飲んだのは本当に久しぶりです。
でもあんな少量だと飲んだというより、舐めた、くらいの量かもしれませんが。

でも、毎晩毎晩、(っと言っても4日間だけだけど)
小さなグラスを出してきて、氷を入れてちびちび飲む私を見て、旦那は「今まで一切お酒なんか家で飲もうとしなかったのに、いきなり毎晩毎晩、どうしたの?」と聞いてくるので、「そんなしょっちゅうしょっちゅう飲んでない!しかもちょっとしか飲んでないから、ほとんど酔ってないし!」と反論すると、上のように「中毒者も初めはそういう風に言うんだよね」と言われました。

むき

ほとんど黒糖梅酒は残ってなかったので、グラスで言うと、2杯程度しか飲んでいない計算になりますが、
せっかくおいしいと思ったお酒が見つかったのに、こちらで手に入らないのは残念だなーと思ったのです。

梅酒なら、それほど特においしくはないですが、中華食材店に行けば手に入りますが、
1種類しかありません。

おいしい梅酒が飲みたいなーと思って、愛用しているクックパッドで作り方を検索。
意外と簡単?
材料もこちらで手に入りそうな物。青梅、氷砂糖、ホワイトリカー・・・。
青梅はどうなんだろう?日本の梅とイタリアの梅ではやっぱり種類は違うんだろうか?
でも旦那の実家に梅の木はあるから、梅自体は手に入るか・・。
とりあえずそれで作ってみるかな?
氷砂糖は売ってないよなぁ?でも砂糖でも何とかなる?

っとぶつぶつ言いつつ、旦那に相談したら、「・・・やっぱりアルコール中毒」
と馬鹿にされた。「しかも季節間違ってるし。梅の季節はまだまだ先。今調べてどうすんの」
と駄目押しされた。
梅の季節がもっと先なのは知ってます!!でも調べたかったんです!
っと言うと、「へー・・・がんばってーーー・・・」と全然「がんばって」と思ってない気のない返事。

そういう自分は、自分でお酒を作るのが大好きなんですよ?
うちの旦那が今まで作ったお酒は結構あって、その中でもリキュールが多い。
チョコレートのお酒、いちごのお酒、ブルーベリーのお酒、コーヒーのお酒、などなど、
他にもハーブなどでつけたお酒とか、リモンチェッロという南イタリアで有名なレモンのお酒とか、
いろんな物を作ってます。

リキュール

これがそのうちの一つ。これはエルバ・ルイーザというレモンに似た匂いを持つ葉をつけたお酒で、これが一番皆の評判がいい。ちょっとリモンチェッロを思わせるお酒。私はいちごのお酒の次に好きでした。

普段は1.5ℓの瓶に入れて寝かせて、のちに、ワインなどの空瓶に移し変えますが、
これはプレゼント用の物なので、ちょっときれいに小瓶に入れてあります。

山に散策に行くのが好きな人なので、雪が溶けて春になると、
しょっちゅう山に登ります。(私も付き合わされる・・・)
そこでいろいろ使える食材や木の実やらハーブなんかを採ってきます。

今年に備えて、旦那は2月から、きのこに関する勉強会に参加するとか。
そのコースは毎週一回、1年間続くらしい。でもコース自体は無料で、参加費だけ初めに20ユーロ払います。
安いっ!!日本でちょっと習い事でもしようもんなら1ヶ月1万では無理でしょう。
1年で20ユーロだけ・・・。すごいなぁ。。。
しかも結構本格的にいろいろ教えてくれるらしくって、年度の中間と末には、
皆で一緒に山へ登ってきのこ狩りもするとか。もちろん、きのこは、野生に生えてるきのこを探しに行くのであって、培養してるきのこじゃありませんよ。

まぁお金がかからない趣味で助かってますが。(苦笑)
あ、でもお酒を作るのには結構お金かかるか。
純アルコール95%がどうしても必要なので、それが結構高めなお値段です。
たぶん結局は普通に買うのと大差ない値段になるのではないかと。
でも作る事に意義がある!と豪語してるので、好きなようにやらせてますが。

なんだかこんな風に書いてると、うちはすっごい酒飲みな、酒に詳しい一家のように思われそうですが、
お酒をたしなむのは、友人がうちに来た時だけで、普段は、夜、紅茶かカモミールしか飲みませんのであしからず。
スポンサーサイト
2011.02.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/462-6abb01a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。