上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ブログを始めてから毎年、これも話題にしていますが、「パスクワ」。
今日は、今年2011年4月24日イースター(キリスト復活祭)の話題です。

うちでは毎年、旦那の母方の祖父母の家で、旦那の母、叔母、祖母が料理を作り、総勢12人で、パスクワを祝います。

イタリアではどの家庭もそうですが、復活祭の日の昼食は、親族揃ってお祝いするのが慣わしです。

復活祭は基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われる、とあります。
ですので、毎年復活祭の日は変動します。

復活祭までの約40日間は、食事などの制約をする習慣もあります。
四旬節(しじゅんせつ)と呼ばれますが、特にここで言われるのは、「金曜日にお肉は食べてはいけない」という事でしょう。主に皆、お魚を中心に食事を取ります。
熱心な信者は他にも、水曜日も食事の節制をして、この日はこれで、この日はこうで・・、といろいろ決まり事を守るようですが、そこまで熱心な信者でなければ、「とりあえず金曜日はお魚で・・・」という程度なようです。

ヴェネツィアに代表される、カーニバル・謝肉祭、ご存知の方も多いと思いますが、
これは四旬節に入る前の最後のどんちゃん騒ぎ、歌って飲んで、食べて、それから復活祭までは大人しくしていましょう。という風に今では捉えられています。そしてそれが習慣として根付いていますが、元々はキリスト教徒とは無縁の異教の習慣だった、と記されてあります。

このように、40日間以上もあれこれ制約のある生活を送らなければいけないので、
パスクワの日は、盛大にお祝いするのです。豪勢な食事においしいワイン、最高にカロリーが高いデザートの数々、これがこちらのパスクワです。

うちは親族総出で料理を作り、自宅に集まってお祝いしますが、
そうでない家庭もあります。レストランに出かける家庭も多いでしょう。
なんせパスクワの料理を考えるのも作るのも、かなりの時間を要しますから。

毎年私も、パスクワの一ヶ月以上前から、お義母さんといろいろ料理雑誌を見て、これがいい、あれがいい、それはいやだ、と言い合うのですが、今年はまったく二人ともやる気なし。(笑)
引越しの事で頭がいっぱいで、それどころじゃなかった、というのもありますが。

ここを訪れて下さる人の中には、うちのパスクワの料理を楽しみにしてくださってる方がいらっしゃるので、
毎年、ブログにはパスクワの料理を写真付きでアップしているのですが、今年はご期待にそえるかどうか・・・。
レシピも教えて欲しい、と言われたりもするのですが、今年はほとんど例年と変わりないシンプル?な料理ばかりです。

それではまず前菜から。
pasqua2011
アーティチョークソースとハムのサンドイッチ、生ハム、野菜とうずらの卵入りミニパイ

こちらがプリモ・ピアット
CIMG1269.jpg
タスタサルのリゾットにラザニア

***ここからセコンド・ピアット***

CIMG1270.jpg
子ヤギ肉のローストと付け合せ

***デザート***

CIMG1303.jpg
義母作のミルフィーユ

CIMG1304.jpg
旦那の叔母作のティラミス

CIMG1331.jpg
もう半分欠けちゃってますが、パスクワ恒例の特大卵チョコです。

今年は料理の準備もたった1日前から、でした。
例年でしたら、3日前からはすでに仕込みに入っているんですけど。
今年はほとんど手伝いも必要なく、ちょっと手伝った程度で、用無しでした。

初めて、私がパスクワの昼食に参加した時は、これの倍の料理があったんですが、
もうどうせ残っちゃってもったいないだけだから、という理由で、あまり豪勢にはしなくなりました。
それでも上の料理だけでお腹いっぱいになるんですけどね。

今年も息子には大きなパスクワの卵を親族から頂きました。
卵型をした、上の写真のような特大チョコです。中は空洞になっていて、サプライズが入ってます。

サプライズの中身で卵チョコの値段も変わってきます。

私は上の料理を食べた後にこのチョコを食べようという気にはなりませんけどね。
スポンサーサイト
2011.04.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/477-06b0761c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。