上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
Cars!Cars!Cars!

うちは今、Cars一色です。
これ↓がその一部。

Cars

右下のは幼稚園のスモックなんですが、これもCars!
(色・形・模様は自由なので)
服なんて3・4着、Carsのミニカーも、
ベットカバー・シーツもCarsです。
他にもいっぱい・・。

何かと言うと、ディズニー映画「CARS」の事です。
登場人物(?)はすべて車です。


これが今、イタリアで大流行なのです。
少し前に「CARS 2」が公開になったため、
息子の幼稚園では、男の子達が我先にと、
「Carsグッズ」を持参して、「見てみて!」と・・・。

ディズニー人気は世界共通ですねぇ。
日本にいても、イタリアにいても、やっぱり子供にはディズニーが人気です。

もう少し成長して、小学生頃になってくると、今度はここでは、日本アニメが人気を博します。
イタリアのTVでも、日本のアニメを見ない日はありません。
やはりこちらも不動の人気です。
昔は日本で放映されてから10年後くらいにこちらで放送開始、が多かったようですが、最近では少し遅れて放送、という感じです。

私は「ドラゴンボール世代」で、毎週毎週、TVにかじりついて見ていたので、根っからの日本アニメ派です。
ディズニーに興味を持った事はあまりありません。

私には、高校から大学までの青春期を共にした、唯一無二の親友がいますが、
彼女はディズニーのプーさんが大好きでした。

それはそれは大好きで、彼女の部屋はプーさんグッズで埋め尽くされていました。
むしろ清々しいくらいで、そこまで熱中出来てうらやましいとすら思っていました。

私は以前にもお話しましたが、昔から、
「これが大好き!!」と熱中出来るほどの、アイドルも俳優も、キャラクターもありませんでした。
(最近ではフィギュアスケートにはまっていますが、一選手だけにはまっているわけではありません)

だから、彼女が、「プーさんグッズを見つけたら、どんな物でも欲しくて買わずにはいられない!」と語った時に、
その気持ちはどんな物か、体験してみたい、と思ったのです。
それは、お金があろうがなかろうが、「どうしても欲しい」と思うほど、確実な欲求に思えました。

私はショッピングに関してはかなりの慎重派で、
どれだけ欲しい物でも、食べたい物でも、
お財布が気になって、どうしても妥協してしまうのです。
「いや、やっぱりやめとこう」「もうちょっと安い物でいいや・・」と。

お金があっても、無駄に悩んで時間を費やして、結局買わない事が多いので、
金銭面だけではなくて、「買った後に後悔したらやだな・・」という不安から来る物が大きい気もするのです。

どうしても欲しくて買った物なのに、結局飽きて「買わなきゃよかった」
なんて事になるかも・・と考えたり。

なので、私の買い物は、ほとんどが、「絶対に買わないといけない物、必要な物」
に限られてくる事が多いのです。
もしくは、友人や家族に薦められて、という場合、買って後悔してもいいや、と思える程の物。


が、そんな私が最近はまっている物がある。
それが上で話した「CARS」。
主人公は赤い車の「サエッタ・マックイーン」。


「車・電車・飛行機が大好き」な息子が、
これにハマらないはずがありません。


ありとあらゆる物にCarsの主人公、サエッタ・マックイーンのデザインがくっついていて、
息子くらいの男の子が「あ!マックイーン!」と叫ぶ光景がスーパーのあちこちで見受けられるのです。
おもちゃ、文房具、生活用品、衣服、お菓子・・・ありとあらゆる物に、サエッタのデザインがプリントされていて、
それだけで子供は大はしゃぎなわけです。

初めは、例に漏れず息子がCarsにはまって、毎日毎日TVでDVDを見たがり、
大型スーパーなどに行くと、ここかしこでCarsグッズがあり、
「あ!マックイーン!欲しい!」というようになり、私が「だめよー」と宥める側だったのですが。


初めは「だめだめ」と言う側だった私が、
一度、バカンスの移動中の暇つぶしに・・と、Carsの塗り絵を買ってあげたら、
息子は、もう目をキラキラさせて大喜び!
それを見てると、なんかすごい事をしたような気になってきて、(←単純)
段々、「あ!マックイーンだよ!」と息子に教えてあげるようになり、
さらには「あ!ほらほら、マックイーンがあった!!見に行こう!」と息子を引っ張っていくようになり、
見つけた時にはなんだかほくほく♪した気分になってしまうようになり・・・・。

終い目には、息子の部屋にCarの主人公、サエッタ・マックイーンが増えていくたびに、
満足感を得ている私。ほとんど小物ですが。


おいおい・・どっちが子供だよ?・・・と、これを書いてて突っ込みたくなってきました・・・。

でも、何かのキャラクターに「ハマる」ってこういう事なのねーと、
ちょっと皆が味わっている気分が味わえた気がしてご満悦な私。

しかしまさかこの歳で、しかも男の子ウケするキャラクターにハマるとは・・・。

ま、飽き性な私と息子は、一過性の物でしょうが、
まだちょっぴりこの気分を味わっておきたいと思います。
スポンサーサイト
2011.09.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/498-6d2309d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。