上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ここによく来てくださる、もっちの上得意様であり、私もよくブログを見させてもらっている、Akkonさん(彼女のブログはこのサイトのリンクから飛べますよ)から、イタリア料理・テーブルマナーについて質問を頂きました
(「ハッピーバースデー」のコメント欄参照

日本ではイタリアンレストラン、至る所にありますよねー!イタリア料理はいまや日本人には身近な存在。世界でも有名かつ、素晴らしいレベルを誇る料理の一つだと思います。

でもちょっと分からないのが正式なイタリアン・テーブルマナー。Akkonさんのように、「これって本当に正しい使い方?」って思った事がある人、他にもいらっしゃるかと思います。私も最初イタリアに来た頃は「あれ??」と思うような事が・・・。

私もいちよう、日本で、

テーブルに肘はつかない、
皿を持ち上げない、
音を立てない、
フォーク・ナイフ・スプーンは外側から順に使う、

などなどの基本は教わりました。

でも・・・そう。スパゲッティー。日本のイタリアンレストランではスプーンとフォークが出て来るところ、ありますね。
それで、皆、スプーンの上でスパゲッティーをフォークにクルクル巻きつける。
こういうシーン、結構見た事あるんじゃないですか?

さてさて、イタリアではどうだと思いますか??
答えは続きからどうぞ・・・
答えは・・・・

イタリアではお目にかかる事はありません
イタリア人はスパゲッティーを食べるのにスプーンは使っていませんし、そもそも、トラットリーアでは使うどころか、スプーンはセットされていないですし、出ても来ません。

ただ、大皿にスパゲッティーを盛ってあって、それを皆で取り分けて食べる、という場合、その大皿にはスプーンとフォークがセットされてあります。その場合も、個々にスプーンがセットされてあるわけではありません。大皿にのみです。

取り分ける時は、イタリア人は器用にスプーンとフォークを使います。片手でスプーンとフォークを握り、片手にはお皿を持ちます。そしてスプーンとフォークでスパゲッティーを挟んで皿に盛ってくれます。

スパゲッティーのみならず、様々な料理にも、取り分ける時にはたいていスプーンとフォークがセットになっています。

これを日本人が見て、日本にこの方法を持ち帰ったのではないか、と推測されます。

これは私の推測なので、定かではありませんが、少なくとも、私が見た時、「わー・・すごい器用に扱うなぁ」と感心したものです。それほど皆上手に、スプーンとフォークを片手で扱っていたからです。確かに便利そうに見えました。ただ、私は片手では扱えませんが。

イタリア人に言わせると、「日本のお箸の使い方と原理は一緒」で、しかも「スプーンとフォークはお箸より大きいからお箸より簡単」だとか。

そして、考えられる理由としては他に、
アメリカでは日本同様、スプーンが使用される所があるので、アメリカから入ってきた可能性、
そして、日本で発案された「日本風イタリアンスパゲッティー」もあるのではないかと思います。
日本ではスープスパゲッティーってありますよね。

あれ、今のところ、私、ここイタリアで、見た事ありません。

スープスパゲッティーって言うと、イタリア人に「は?何それ?」と言われます。

スープはイタリアでももちろんスプーンを使用します。
でもスープとスパゲッティーが一緒になる事はないです。
スパゲッティーではなく、小さな小さなご飯粒のようなパスタをスープに入れる事はありますが、この料理はパスタとして扱われるのではなく、ミネストローネ(イタリアンスープ)の一種として扱われます。

スープはスプーンを使うもの、スパゲッティーはフォークを使うもの、それを組み合わせた料理なわけで・・・。
そうなるとスプーンもフォークも必要になりますよね。

ちなみに、クリームスパゲッティーも滅多にお目にかかりません。
今のところ、私はイタリアでクリームスパゲッティーらしきものを口にした事はありません。これも意外に思われる方、いらっしゃるかと思いますが。

そしてこれはご存知の方、多いと思いますが、
イタリアではPrimo Piatto(プリモ・ピアット)とSecondo Piatto(セコンド・ピアット)があり、Primoは一番目の、という意味の通り、始めに食べ、その後にSecondo(第二番目の)を食べます。

プリモはリゾットやパスタなど、セコンドはメイン料理なのですが、一緒に食べる事はしませんし、メインを食べてからパスタ、という事はマナー違反になります。

そしてサラダ(レタスなどの生野菜)ですが、基本的にイタリアではサラダはメイン料理と一緒か、その後に食べます。(大抵は皆、後に食べています)日本では前菜(Antipasto)のように先に出てくる事が多いように思いますが。

そして、もう一つ、私がイタリアで「あれ?」と思った事の一つに、「半分ずつ分け合う」という事。これ、イタリアではすごく変な事なんだそう。特にピザ屋さんなんかに行って、「半分ずつにしよう」というと「え・・・?」とちょっと嫌な顔をされます。
私のイタリア語の先生も、「日本人は「これもおいしいから食べてみる?」って親切に聞いてくれるんだけど、自分の食べたい物を注文して食べてるから、自分の物を全部食べたいんだけどなーっていつも思うのよ」って言ってました。
これ、日本に住むイタリア人からもよく聞く話。

でもイタリアのピザは本当に大きくて一人では食べきれない程なんだよねー・・。実際、私も初めてイタリアに来て、旦那と一緒にピザを食べた時、半分も食べられなかった。旦那と友達はまだお腹がすいていたらしく、私が残したピザを勧めると、二人とも、顔を見合わせて「いや・・・いいよ。君の分だから、残したかったら残していいんだよ」と断って、2人は新たに注文していた。

口もつけずにきれいに半分以上残ってるのに、そんなに私が食べた物が嫌なのかとちょっとショックを受けたのだが、そういう習慣がないんだそう。家族内や、かなり親しい人の間では半分ずつにする事ももちろんあるそうだが、あまりいいテーブルマナーではないそうだ。

あと、会計。会計は手を挙げて、ウェイターに会計を申し出て、テーブルに持ってきてもらうパターンが多いです。カップルの場合は「トイレへ・・」と言って、男性が会計を払いに行くのがスマートな方法ですね。

っとまぁ細々した事は結構ありますが、基本的には洋式のテーブルマナーで十分OK!

それに「音を立ててたべない」というテーブルマナーは有名ですが、イタリア人にはそんなもの、ないに等しい。
だって、あれだけわいわい楽しく騒いで食べれば、ちょっとスープをずずーーーーってすすったくらいじゃ誰も気づきませんって
スポンサーサイト
2006.05.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/50-4ad154d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。