上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
さて、今年もやってきました。
遊びの祭典「Tocati'」!!

ここ、ヴェローナでは、毎年4月に行われる、世界最大規模のワインの祭典、ビニタリーと、
夏に約3ヶ月に渡ってほぼ毎日行われる、野外オペラ、が世界的にも有名ですが、
このTocati'もなかなかかわいい催し物なんです。

Tocati'・・これ、イタリア語ではありません。
ヴェローナの方言です。

「トカティ」というカタカナ表記が一番発音に近いでしょうか?
イタリア語に直すと、「Tocca a te」(トッカ・ア・テ)
「あなたの番」という意味です。

これを、ヴェローナ弁にすると、「トカティ」になるのです。
見てお分かりの通り、標準語だと、3つの単語から成り立ちますが、
ヴェローナ弁は1単語のみ。不思議。


この遊びの祭典、ヴェローナの中心街のあちこちで、
いろんな伝統的な遊びだったり、創作玩具を披露したりしてくれるのです。
それも、あちこちの道路の真ん中で、いろんな遊びを披露してくれるのです。

道端でボーリングをやったりもするし、大きなコマ回しとかも。


そして、それを「トカティ!今度はあなたの番」、つまりあなたも試してみませんか?というわけです。
トカティの趣旨は、いろんなおもちゃに触れて、一緒に遊んでみましょう、という試み。

今は忘れられつつある、伝統的な遊びに、もう一度触れてみる、という事も狙いのようです。

トカティ2

この看板、街角のあちこちに立ってたんですが、
「この看板ある近くで、ゲームやってますよー」という印なんです。

この「トカティ」、中心街の道端でやるって所もミソ!
こんなところでこんな遊びするの~?ってのが面白い。

大人にも子供にも大人気なんです。
もちろん大人だって子供だって、面白そうな遊びを見つけたら、挑戦出来るんですよ?

大人は、「あ~昔こんな遊びしてたなー」と懐かしく思うし、
逆に子供は「こんな遊び見た事ない!」と興奮するし、
まさに素晴らしいアイディア!

っといいつつ、私は今年が初めての見学。

トカティ5
(赤い子供の看板もありました)


なんせ週末3日間、このトカティがある時は、中心街が大渋滞。
駐車場を探すのだって本当に一苦労。

バスは押し合いへし合い。

行くまでに疲れてしまいます。
行きたいなぁと思いつつも、人ごみが苦手な旦那は拒絶反応を示すし、
私一人で小さい息子連れて行くのも大変だしなーと思っていたのですが、
今年はちょうどガイド中だったので、私も見れちゃいました!

トカティ4


あ、このトカティ、入場料とかはありません。
道端で大道芸人が何かやるように、中心街の道端でいろいろ披露してるだけですので、
見る分にも、参加する分にも、何もお金はいりません。

トカティ6


これも徐々に人気を得てきた理由の一つでしょうか。
気軽に参加出来る。


トカティ8

お金がなくても、お金を払わなくても、こんな楽しい遊びがいっぱいあるんだ!
これを伝えるため、わざと中心街の街中のあちこちでやる事にした、このトカティをやり始めたきっかけはそれなんだ、と耳にしました。

素敵ですね。

トカティ7

これはチェスをしてるんですね。

トカティ

こちらは囲碁
教えてる人がイタリア人だったのもなんか可笑しかった!
「ここをこうして・・」って扇子で指して指導してる姿が・・・。


ヴェローナ1

普段は露店でいーっぱいの↑の写真のエルベ広場も、がらーんとしちゃって・・・。
こんな光景、久しく見てません。

いろんな遊びに触れられるのですが、ものによっては、開始時間というのも設けられてあって、
「この時間のここではこの遊びをやります」ってのが決められてて、
上の写真は、これからまだ何かをやる予定の場所で、がらーんとしてるようです。

私も何か参加したかったなー。
ぜひ来年こそ!!



スポンサーサイト
2011.10.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/505-ebb27efc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。