上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ついに、私も手にする事が出来ました!永住権!!

正確に言うと、イタリアには「永住権」なる物は存在しません。
期限なしの滞在許可証、Carta di Soggiorno(カルタ・ディ・ソッジョールノ)がもらえます。

注意書きに、「期限は付きませんが、イタリア国内から出て、もう戻ってくる予定がない場合、この滞在許可証は出国管理局にて返却する事」という文が添えられてあります。

つまり、居住地を完全にEU国外に移す場合は、返却の義務がある事、
もしなんらかの犯罪を犯した場合、この期限なしの滞在許可証(以下カルタに省略)は没収される事、
などなど、細かな条件があり、「今の所、イタリアにいてもいいけど、状況が変われば分かりませんよ」
という事なのです。

なので、カルタをもらったから、もうずっとイタリアに居れるー何してもOKー!ってなわけではありません。
よっぽどの事がない限りは、大丈夫でしょうが・・・。
確か、目安としては、5年以上イタリア・EU国外に住所を持って住み続け、イタリアに再入国しなかった場合、
このカルタを持つ資格を失う可能性がある・・とか。

この、可能性がある・・っていうあいまいな所がイタリアらしいというか・・・。
まぁケースバイケースって事でしょうけど。

とにかくこれで、本当に大変な滞在許可証申請から解放されると思うと、
もう本当に幸せです
(正確には、もう終わり!ではなく、パスポートナンバーが変わったり、住居が変われば、申告する義務があります)

でも、ここ数年、ヴェローナの警察署もずいぶん改善されて、かなりスムーズになってました。
ほんとに、数年前と比べて雲泥の差

カルタの申請書類を郵便局から送ったのが2012年3月23日。
その時すでにいつ、写真や以前の滞在許可証(原本)を持って警察署に出向くかの、日時指定がされ、
それが約3週間後の4月16日。

その時、私の電話番号を確認され、後日、新しい滞在許可証が出来ればSMS(ショートメッセージ)で
警察署から連絡が来るとの事でその日は終了。

その1ヵ月後。5月15日10時18分に滞在許可証受け取りに来い、とのメール。

この10時18分、っていうえらく細かい指定にびっくりしましたが、
行ってみたら普通に番号札取って中で待ってるだけでした・・・。
結局受け取りには2時間かかりましたが、申請から受け取りまで2ヶ月程で全て完了。

数年前は、申請から受け取りまで1年~2年かかったって人がものすごく多く、
私も確か以前の物は、10ヶ月程かかりました。

だから、有効期限よりかなり前から申請を・・と意気込んでいたのですが、
そんな必要なかったようです


とりあえずほっとしてます・・・

主人と結婚してもう約7年。
イタリア人の主人と、イタリア・日本国籍の子供がいるのに、
期限付きの滞在許可証、切れたら不法滞在で捕まる・・なんてしゃれになりません。

あ!そういえば今年は結婚7周年。
7周年・・・不吉!!

イタリアでは、「La crisi di Settimo Anno」(ラ・クリージィ・ディ・セッティモ アンノ)と言われ、
直訳すれば、「7年目の危機」
日本では、3年目の浮気、とか、3の倍数の年がよくない、とか言われますが、
イタリアでは7年目です。

なぜだかはよく知りませんが、よく耳にします。

でも私・・・不吉!とか言うわりに、全然気にしてませんが。
やっとカルタを手に出来たのに、離婚とかありえない!!(え?そこ?っと突っ込まないで下さい・・)
長年の苦労が報われたのですから、、、
むしろ7年目でやっとイタリアという国からも、私達が夫婦と認められた気がします。

それまでは、偽装結婚や、離婚の可能性を考慮して、イタリア人の妻でも、
結婚1年目は1年間の滞在許可証、次はケースにより、2年~5年間の滞在許可証。
で、婚姻の事実が5年以上継続して行われていて、かつ、イタリアに継続して居住している事実があれば、
そこで初めて、上のカルタが手に出来る仕組みになっているのです。

私達も、結婚後初めての滞在許可証を取得した後、警察がうちまで来て聞かれました。
なれそめから、交際期間、交際を証明する物の提示など・・・。

私が日本のパスポートを提示すれば、「あー日本人か。ならいいやー」みたいな感じで、
とりあえず聞いとく、みたいな感じになりましたけど、
これがルーマニア人とイタリア人のカップルとなると、そうはいかなかったようです。
偽装結婚がこの二カ国間で行われている事が多い、と警官が言ってました。
(現在はルーマニアもEUに加盟したため、イタリアでの滞在・就労が以前より簡単になったため、それに伴ない偽装結婚も減ってきているようです)

とにもかくにも、長い道のりでした・・・。

旦那が言ってくれないので、自分で言う事にします。

「ご苦労様でした、私
スポンサーサイト
2012.06.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/548-be330e1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。